HOME > 心理テストカタログ > 各種検査 > うつ症状 > CES-D うつ病(抑うつ状態)自己評価尺度 (セスデー)

各種検査 うつ症状

CES-D うつ病(抑うつ状態)自己評価尺度 (セスデー)

うつ病のスクリーニングテストとして

CES-D (The Center for Epidemiologic Studies Depression Scale) は、一般人におけるうつ病の発見を目的として、米国国立精神保健研究所(NIMH)により開発されました。有用性の高さから、世界中で普及しているうつ病の自己評価尺度です。

【特徴】
arrow_ctc.gif CES-Dは、既存の尺度であるZungのSDS、BeckのBDIMMPIなどを参考に、項目の取捨選択を経て作成されました。
arrow_ctc.gif 心理測定学的にも特異度や陽性的中率が高く、妥当性や臨床的有用性が確認されています。
arrow_ctc.gif 質問項目は20問と少なく、実施時間は10〜15分です。
arrow_ctc.gif 過去1週間における症状の頻度を問い、4つの選択肢から回答します。
arrow_ctc.gif 正常対照群と気分障害群のどちらかに判定します。
arrow_ctc.gif 用紙は2枚の紙を貼り合わせた複写式です。回答を記入した1枚目の紙を剥がして、2枚目の紙で採点と判定を行います。
arrow_ctc.gif 自己評価用ですが、状況によっては面接で使用する事も可能です。高齢者や視力障害者には、面接者が質問項目を読み上げて評価することも可能です。

原著者:Ben Z.Locke/Dr.Peter Putnam
日本版:医学博士 島悟


ico_ctc.gif CES-D 使用の手引
目次
・ CES-D とは
・ CES-D 作成の背景
・ CES-D の特徴
・ CES-D の信頼性・妥当性
・ CES-D 日本語版作成について
・ 自己評価尺度使用上の注意事項
・ 臨床におけるCESDの使用方法


ico_ctc.gif 用紙見本を無料でお送りします!
本検査の採用をご検討の先生方に用紙見本を進呈いたします。お問い合わせメールフォーム(こちら)よりご用命ください。「お問い合わせ内容」欄に【CES-D用紙見本希望】とご記入くださいますようお願いいたします。心理検査の持つ性質上、臨床心理士や医師などの心理専門の先生方に限らせていただきます。


【関連する心理検査のご案内】
SDS うつ性自己評価尺度
日本版BDI-II ベック抑うつ質問表
MMPI ミネソタ多面的人格目録 性格検査

(CES−D)

適用範囲
15才〜
医科診療・点数
D-285-(1) 80点
CES-D うつ病(抑うつ状態)自己評価尺度 (セスデー)
カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。
検査法・手引書 864円
数量
用紙 (50部)  5,400円
数量
FAX でのご注文カートを見る

ご注意 心理検査・箱庭療法の商品販売・配送について

当センターでは、心理テストの持つ性格上、テスト問題の漏洩の防止、プライバシーの保護のため、使用される専門家の先生方への直接販売となっております。(※配送先はお勤先・機関への直接納品となります。ご自宅への配送は行っておりません)
又、日本心理検査振興協会(発行会社及び普及会社加盟)の倫理規定により、医科器械等を取り扱う会社様・医薬品販売の会社様・書店様等への卸業務は行っておりません。
予めご理解くださいますようお願い申し上げます。(教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)

このページのTOPへ

心理診断検査心理テスト販売箱庭療法 (C)千葉テストセンター