心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

TK式 発達状況アセスメント

幼児の発達状況をより客観的に見つめ直すことができます

概要

1. 先生や父母が発達状況を客観的にとらえます。

初めに父母による子どもの行動観察結果をだし、次に先生の目からみた子どもの行動観察を照合します。子どもに対する見方を反省し、お互いに情報を補い合うことができるようにしています。

2. 幼稚園幼児指導要録の記入に活用できます。

幼児期に育てたい心情・意欲・態度の5領域に基づいて、一人ひとりの発達の様子をとらえられます。1部と2部の2つの角度から、発達状況をとらえます。

第1部 「発達を捉える視点」から見た心身の発達をとらえます。5領域(心身の健康、人とのかかわり、身近な環境とのかかわり、言葉の獲得、感性と表現)から評価します。
第2部 「子どもの基本的生活習慣」から見た、社会的成熟状況をとらえます。5領域(清潔・排泄・着衣・睡眠・食事)にわけ、各5つずつ、25項目で質問し、発達や成育のしかたが望ましいかどうかを知ることができます。

3. 実施も、採点も簡単です。

商品説明

  • 手引きで分かりやすく解説してあります。原則として父母が回答します。場所は自宅でも幼稚園、保育園でもかまいません。所要時間は約30分です。
  • 回答にあたって、父母からの疑問例を各問題別に書きました。
適用範囲
幼児

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙 10部

2,700円 数量
検査法・手引書
検査法手引

500円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)