心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

新版 STAI 状態・特性不安検査 State-Trait Anxiety Inventory-Form JYZ

  • 新版 STAI 状態・特性不安検査
不安測定の質問紙として信頼性の高い英語版「STAI-Y」に改良を重ね、日本の文化的要因を考慮して開発した日本語最新版の「状態-特性不安検査」です。
著者:肥田野 直,福原眞知子,岩脇三良,曽我祥子,Charles D.Spielberger
検査対象:成人(18歳以上)
実施時間:約10分
採点方法:自己採点方式
採点時間:約15分
体裁:B5判 複写式
画像提供:実務教育出版

概要

  • スピルバーガー教授(サウスフロリダ大学)を共同研究者に迎え、英語版「STAI-Y」に改良を重ね、日本の文化的要因を考慮して開発した日本語最新版の「状態-特性不安検査」です。
  • 日本人特有の情緒(感情)を考慮することで、状態不安の密度の測定と人格構成としての特性不安における個人差の測定をより正確なものにしています。自己採点方式の検査用紙なので、すぐに結果を診断できます。
  • 企業等での組織的なメンタルヘルス、各種病院・福祉施設等での臨床用、学生相談、産業カウンセリング、そして研究用の資料としてご利用いただいています。

検査内容のご紹介

検査用紙

状態不安尺度 20項目、特性不安尺度 20項目の質問事項でプロフィールを査定します。
[STAI Y-1]
20項目の状態不安尺度で不安を喚起する事象に対する一過性の状況反応を査定。
[STAI Y-2]
20項目の特性不安尺度で不安体験に対する比較的安定した反応傾向を査定。

検査のプロフィール

[STAI Y-1]、[STAI Y-2]それぞれの不安存在項目と不安不在項目の得点を査定し、状態不安尺度、特性不安尺度を得点化してプロフィールに明示。

マニュアル

STAIの計量心理学的特徴と広範な諸外国の研究例を記載。作成過程においては、米国版STAIとの相違から、質問項目の選定、特に文化差に言及。分析の過程と標準化に関する詳細なデータを提示。信頼性と妥当性に関する研究データと日本での研究例を提供。

目次

1. 新版STAIの背景と概要
2. 新版STAIの作成過程
3. 実施、採点、および集団基準
4. 信頼性・妥当性の検討と研究例


検査用紙サンプル

検査用紙のサンプルはこちらからご確認ください。
 


(STAI)

適用範囲
成人(18歳以上)

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙 50部

※2019年4月1日~価格変更

8,750円 数量
検査法・手引書
検査法手引

※2019年4月1日~価格変更

900円 数量
その他
サンプルセット

※手引1冊、用紙5部
※2019年4月1日~価格変更

1,800円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)