心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

WHO SUBI 健康自己評価質問紙(スビ) The Subjective Well-being Inventory

WHOが開発した“心の健康度と心の疲労度”を測る質問紙
  • 質問項目数40問
  • 「非常にそう思う」「ある程度そう思う」「あまりそうは思わない」などの3段階で回答します
  • 集団にも個別にも使用できます
  • 回答所要時間:10分程度
  • 自己採点所要時間:5分程度

原著:WHO[Dr.H.Sell, Dr.R.Nagpal]
構成:大野裕,吉村公雄
画像提供:金子書房

概要

  • 疾病の有無を判定するのではなく、受検者の心の健康度(陽性感情)および心の疲労度(陰性感情)を測定します。
  • 11の下位尺度から、心の健康度、心の疲労度を評価します。そのため、どの点に働きかけると健康状態が改善されるかという、手がかりが得られます。
  • 11の下位尺度とは
    人生に対する前向きの気持ち/達成感/自信/至福感/近親者の支え/社会的な支え/家族との関係/精神的なコントロール感/身体的な不健康感/社会的つながりの不足/人生に対する失望
  • 陽性感情と陰性感情は、必ずしも相関せず、それぞれの感情が独立して働くと考えられています。たとえば、陰性感情が若干強く感じられるようなストレス状況でも、陽性感情を感じることができれば充実した日常生活を送れる可能性がでてくるとされています。これら2つの感情を独立して捉えることで、受検者の状況に応じた働きかけが可能になります。
  • 検査用紙1枚で、回答と採点が簡単に行なえます。
  • 結果は、心の健康度と疲労度のそれぞれを棒グラフで描きます。

活用方法

企業・各種団体

  • 従業員の心の健康状態の把握に
  • 臨床治療の研究に

医療・看護・福祉/カウンセリング

  • 精神科、神経科、心療内科などでの病状の把握や治療の効果判定に
  • がんや慢性疾患と向き合っている患者の心の状態の把握に
  • 高齢者の心の健康状態の把握に
  • 障害者の心の健康状態の把握に
  • 在宅介護者の負担度の測定に

教育

  • 教員や生徒、学生を取り巻く生活環境の見直しに

(WHOSUBI)

適用範囲
18才~成人

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙 30部

5,940円 数量
検査法・手引書
手引 第2版

1,320円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)