心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

KWCST 慶應版ウィスコンシンカード分類検査

前頭葉機能障害の症状としてよく見られる概念
セットの転換障害の評価する検査

原案:D.A.Grant   E.A.Berg
編著:鹿島晴雄,加藤元一郎
画像提供:三京房

概要

  • Milner B. が前頭葉機能検査と位置づけた原法を、Nelson H.E. が修正、さらに編著者らが変更を加えたもので、国内で広く使用されている。
  • 慶應版ウィスコンシンカード分類検査(KWCST)は、カードを使用する正式版である。
  • 反応カードは48枚で、検査施行時間は短縮され、ほとんどの脳損傷者にも施行が可能である。
  • 教示の与え方は2段階で、前頭葉機能障害の評価に重要な情報を提供する。
  • 言語による行為の制御障害(Impaired Verbal Regulation:IVR)の評価も行える。
  • マニュアルには、検査法が具体的に詳しく記載されており、成人の年齢別正常データが掲載されている。
  • カードは、大きさ13cm×13cm、刺激カード4枚、反応カード48枚の正式版で、裏面にカードの順番を確認するガイドがある。
  • 評価用紙は、タイプAとタイプBの2種類ある。
  • タイプA評価用紙はカーボン式3枚綴り(記録用紙、分類用紙、採点用紙)で、検査中は記録用紙に○×を記入するだけでよく、検査終了後、正確に評価できる。
  • タイプB評価用紙は従来の用紙の修正版で、KWCSTに習熟した検査者に適する。
適用範囲
成人

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
セット

カード(刺激カード4枚・反応カード48枚)、マニュアル、タイプA評価用紙30部、用箋挟、収納ケース

22,000円 数量
用紙
タイプA評価用紙 30部

8,800円 数量
タイプB評価用紙 100枚

4,400円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)