心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

箱庭用具メルコム

  • 箱庭用具メルコム
メルコムの箱庭セット

お子様から大人、初めての箱庭導入から充実したボリュームの用具セットまで、ご予算・設置スペースに合わせてお選びいただけます。

画像提供:クリエーションアカデミー

ご利用シーンに合わせたセットのご案内

人形・樹木・点景・動物の4領域をバランスよくセットし、臨床・教育・研究などで使用できる箱庭用具をご案内

区分利用現場特徴ご提案セットPDF
企業 事業内カウンセリングルーム,企業外相談室,キャリア支援室 多様な年代・価値観によって成り立つ企業。箱庭は、仕事に自分らしさや新たな可能性を見出す機会作りに、事業所内外で使われてきました。今後、ストレス予防・ストレスチェック後のフォローとしてさらなる活用が期待されます。 フェローシップセット
高齢者福祉 デイケアセンター,各リハビリ施設,老人保健施設 用具を置くだけで表現できる箱庭作りは、中世期に始まったと言われています。特殊な砂を使って指先を程よく刺激しながら、箱庭表現を行うことができます。作品を自分で味わい、共有することで自分らしい生活を送れます。 ライフセット
小児医療 小児科院内プレイルーム,院内学級 自分の体と向き合いながら、また、向き合わざるをえない子どもたちに、表現する楽しさや、自分の心境を見守る人と分かち合う安心感を得てもらうことが、大きな願いです。 メディカルキッズサポートセット
医療 長期医療の心理ケア,医療従事者向けメンタルサポート,ターミナルケア 世代を問わず取り組める箱庭は、多様化する医療現場での活用が進んでいます。また、最近ではストレスフルな環境下にある、医療従事者向けのメンタルケアの一環としても使用されています。 メディカルサポートセット
学校 特別支援教室,スクールカウンセリングルーム,適応指導教室 学校現場において箱庭は、スクールカウンセリング、表現活動、また支援者とのコミュニケーションや信頼関係づくりに活用されてきました。最近は、社会性のトレーニングにも使用が広がっています。 フレンドセット
スクールセット

※ご案内の各セットは、PDFファイルをご用意しております。ご活用ください。

  • メルコム箱庭単品商品(人形・生き物・建物・樹木・風景・点景・乗り物)および、その他商品(砂お手入れセット・整理棚カバー・オーダーメイド仕様置台・置台カバー・砂箱ふた・ミニ砂箱)のお取扱いございます。ご注文の際はお問い合わせください。

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
メルコムフェローシップセット

アイテム数:391点

485,028円 数量
メルコムライフセット

アイテム数:262点

402,192円 数量
メルコムメディカルキッズサポートセット

アイテム数:370点

472,824円 数量
メルコムメディカルサポートセット

アイテム数:270点

426,600円 数量
メルコムフレンドセット

アイテム数:364点

339,120円 数量
メルコムスクールセット

アイテム数:115点

117,720円 数量
用紙
記録用紙(100部)

2,160円 数量
ソフトウェア
DVD教材「箱庭療法の実践」2巻組

41,040円 数量
その他
潤砂

5Kg

10,800円 数量
潤砂

10Kg

21,600円 数量
潤砂さらさらタイプ

10Kg

14,580円 数量
砂(クリスタル)

10Kg

12,960円 数量
整理棚

キャスター付き W850×D210×H1258mm

68,040円 数量
置台

キャスター付き W900×D600×H650mm

57,240円 数量
砂箱

※国際規格 W720×D570×H70mm

33,480円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)