心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

構音検査

永い間ご利用いただいておりました旧版の構音検査シートは、
2013年12月末日をもって絶版となりました。
誠にに恐れ入りますが、新版 構音検査
ご移行、ご利用くださいますよう心よりお願い申し上げます。

構音の誤りの有無を系統的に正確に判定診断

日本聴能言語士協会─構音検査法委員会 
日本音声言語医学会─機能的構音障害検査法委員会

◆構音の誤りの有無を系統的に正確に判定診断できます。 
◆誤りの性質を分析的に捉え、構音治療の指針が得られます。 
◆就学前幼児~小学校低学年を対象としているが、高学年から成人まで検査することが可能です。提示絵カードが幼児向きになっている点をご配慮ください。

検査の構成

1.会話の観察 2.単語の検査 3.音節復唱検査
4.被刺激性検査 5.文章検査 6.構音類似運動検査

ご採用機関

・大学関係

医学部関係、言語の研究室他 
・病院、リハビリ
言語治療科、歯科医療科(矯正科)、言語室 
・学校関係
きこえとことばの教室、教育相談所(室)


検査名:構音検査
適用範囲
幼児~小学校低学年
下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)