心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

TK式 言語発達診断検査

文字学習をはじめる前に、その下地となっている能力の発達を診断する検査です

 文字学習をはじめる前に、その下地となっている能力の発達を診断する検査です。一般的には「読み書き」ができるようになるには、話し言葉がある程度発達していることが必要です。話し言葉がよく発達している子どもは幼児期からでも十分文字学習が可能です。

しかし、発達が遅れている子に早く文字を教えようとすると、かえって文字に対する恐怖心を与えてしまい逆効果になることもあります。

この検査は、文字学習が困難な子の診断法や指導法を、著者が長年研究した結果完成したもので、文字を教えてもよいほどの能力が発達しているかどうか、教えるのを急がないで下地作りに力を入れた方がよいかなど4つの角度から診断します。
語い、発音、音韻分解、読字の4つから構成。


編:田中教育研究所
著者:河井芳文
画像提供:田研出版
適用範囲
幼児~小学校低学年

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
検査セット

用紙 20 部付

9,460円 数量
用紙
記録用紙20部

1,540円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)