心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

LCスケール 言語・コミュニケーション発達スケール 【増補版】

 0~6歳の乳幼児の言語コミュニケーション発達を基盤にしてつくられた検査法。語彙、文法、語操作、対人的なやりとり(コミュニケーション)などに関して 精査し、LC 年齢(言語コミュニケーション年齢)とLC 指数(言語コミュニケーション指数)、下位領域である「言語表出」、「言語理解」、「コミュニケーション」のそれぞれにおけるLC 年齢・LC 指数を求めることができます。発達に遅れのある乳幼児の言語発達支援プログラムの立案に役立ちます。
*増補版では、支援目標設定に役立つ、発達をプロフィール化するための「領域別まとめシート」を加え、絵図版も改善を施しました。
*課題内容や手続き、標準化データの変更はありません。

著者:大伴潔,林安紀子,橋本創一,池田一成,菅野敦
画像提供:学苑社

特長

  • 乳幼児期から学齢前の言語・コミュニケーションレベルの発達を評価。
  • ことばの領域を限定せず、総合的な言葉の発達を評価。
  • 口頭で答える言語表出と、絵の指さしなどで答える言語理解、さらに、ことばの使用の基礎となるコミュニケーションを評価。
  • 1つの課題について、複数の通過基準を設定。
  • 自然な文脈を設定し、課題への自発性を高める工夫。
  • 言語・コミュニケーションの発達年齢と発達指数を求めることが可能。

解説目次

第I編 言語・コミュニケーション発達スケール
  第1章 評価の観点
  第2章 施行の準備
  第3章 施行の流れ
  第4章 課題マニュアル
  第5章 採点方法
  第6章 領域別まとめシート
第II編 データ 標準化 得点換算表

検査に必要なもの

検査を実施する際に、LCスケールに同梱された「解説」と「絵図版」の他に準備するものは、以下の通りです(解説の8ページより抜粋)。
1)解説(LCスケールに同梱)
2)記録用紙(解説の巻末をコピーして使用)
3)絵図版(LCスケールに同梱)
4)ストップウォッチ
5)物品(以下の16種類)
 1. クマのぬいぐるみ
 2. 鈴、もしくは音の出る遊具、楽器
 3. スプーン
 4. コップ
 5. 立方体の積み木(6個)
 6. ままごとのお皿(または小さめの実物の皿)
 7. ボール
 8. 白黒の碁石各10個
 9. 碁石を入れるふた付きの箱
 10. ミニカー
 11. 小さめの人形(5~10cmくらいの大きさ)
 12. クマ以外(ウサギ、ライオンなど)のぬいぐるみ1個
 13. 赤い立方体の積み木(1辺3cmくらい)
 14. 黄色い直方体の積み木(3×3×8cmくらい)
 15. 15cm四方くらいの箱(ふたなし)
 16. A4版の厚めの紙(ケント紙またはボール紙)

言語・コミュニケーション発達の理解と支援プログラム

0764-01002.jpg 言語・コミュニケーションの典型的な発達の道筋を解説し、ことばの遅れが目立つ子ども、知的発達に遅れのある子ども、自閉症のある子ども、聞こえに困難がある子ども、運動に困難があるため発語が難しい子どもについて、評価から支援の目標の定め方までを具体的に説明しています。また、支援に向けた活動のアイデアを多数紹介し、ハンドブックとしても活用できるように工夫されています。『LCスケール』と合わせてお読みいただくと理解が一層深まります。

LCスケール CD-ROMセットのご案内

セット内容:LCスケール増補版、解説CD-ROM、検査道具(ぬいぐるみ、コップ他)
納期1ヶ月程度 
※記録用紙は解説の巻末をコピーして使用

適用範囲
0~6歳11ヶ月

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
「解説」と「絵図版」のセット

5,184円 数量
関連書籍
言語・コミュニケーション発達の理解と支援プログラム

3,024円 数量
その他
LCスケール CD-ROMセット 発行:日本発達障害支援システム学会事務局

LCスケール増補版、検査用具、解説CD-ROM ※納期を1ヶ月程度いただいております

20,000円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)