心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

吃音検査法 第2版

本邦初の吃音検査法す
 吃音の多くは、幼児期に始まり、素因、発達、学習、環境などの要因が相互に関与すると考えられ、総合的な捉え方を必要とする問題です。その中でも、発話の流れにおけるつかえ(発話の非流暢性)と、つかえに対する話し手の反応は核となる問題です。
 吃音検査法は、発話のつかえとそれに対する話し手の反応の枠組みを、観察可能な範囲で「吃音症状および非流暢性の分類」として提示しました。そして、吃音の指導開始時に、共通の枠組みをもって評価を行ない、指導方針をたて、情報を共有するために必要な検査場面と課題を提示しました。
 さらに、資料として、吃音検査法や、改訂作業の段階で採取した吃音児者および、非吃音児者の発話サンプルから、非流暢性の頻度と種類を提示しました。

著者:小澤恵美,原由紀,鈴木夏枝,森山晴之,大橋由紀江,餅田亜希子,坂田善政,酒井奈緒美
画像提供:学苑社
 

第2版への改訂について

  • 第2版より検査図版と解説が別売りとなった。
  • 初版と同じスピーチサンプルのCD-ROMに加え、第2版の「吃音症状および非流暢性の分類」に準じた症状サンプルのDVDを作成、付録とした。
  • 「吃音症状および非流暢性の分類」の再構成。
  • 重症度プロフィールの再構成。
  • 記録まとめと記録用紙の一部修正と記載例の付加。
  • 検査図版は初版からの変更なし(幼児版・学童版・中学生以上版の3種構成)。

特長

  • 幼児版、学童版(低学年用、高学年用)、中学生以上版の年代別に検査ができる。
  • 場面や段階に分かれている検査内容は、指導方針立案の参考となる。
  • カラフルで親しみやすく、子どもが興味をもつイラストを使用。
  • 記録用紙・記録のまとめのフォーマット、そして対象者の情報をまとめるための総合評価が、発行元のサイトからダウンロードできる。(発行元ホームページはこちら)
  • 付属のスピーチサンプル(CD-ROM)を活用することにより、実際の吃音症状および非流暢性の分類が理解できる。
  • 吃音検査法から、簡便で使いやすい検査へと改良された。

目次

》目次
第2版の刊行に際して
初版まえがき
図表一覧

I 吃音検査法
 1 吃音検査法の開発経過
   (1) 〈試案1〉の作成
   (2) 改訂版の作成
   (3) 吃音検査法 第2版の作成
 2 吃音検査法の概要
   (1) 検査の枠組み
   (2) 分析
 
II 検査項目一覧
       幼児版
       学童版
       中学生以上版
 
III 手引き
  1 実施
  2 適応年齢
  3 実施手順
   (1) 幼児版
   (2) 学童版
   (3) 中学生以上版
  4 記録
 
IV 資料
  1 吃音検査法の非吃音児者への実施と非流暢性の分析結果
     (1) 目的
     (2) 方法
     (3) 結果
  2 〈試案1〉の吃音児者、非吃音児者への実施と非流暢性の分析結果
     (1) 目的
     (2) 方法
     (3) 結果
  3 吃音検査法〈試案1〉から、吃音検査法へ改訂までの過程
     (1) 〈試案1〉の吃音症状分類
     (2) 吃音症状分類の改訂
     (3) 〈 試案1〉と吃音検査法の吃音中核症状頻度ならびに総非流暢性頻度の比較検討
 
V 付録
      吃音検査法総合評価用紙
      総合評価用紙補足説明
      吃音検査法 症状サンプル(DVD) ・スピーチサンプル(CD-ROM)の記載例
      
参考文献
 
VI 記録用紙と記録まとめ
     幼児版 記録まとめ
            記録用紙
      学童版 低学年用 記録まとめ
             低学年用 記録用紙
             高学年用 記録まとめ
             高学年用 記録用紙
    中学生以上版 記録まとめ
                記録用紙

Ⅶ 記録ときろくまとめ記載例
    幼児版
    学童版
    中学生以上版

吃音検査法 症状サンプル(DVD)・スピーチサンプル(CD-ROM)についてのお願い
著者紹介

関連図書

  • 吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援

    吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援 最新の知見を織り交ぜながら包括的に吃音を評価、指導・支援する方法について具体的に詳述する。吃音のメカニズムや発話症状面に対する指導・支援に関する解説はもとより、「とらえどころのない」といわれてきた発話症状以外の部分にも着目し、最新の知見を織り交ぜながら包括的に吃音を評価、指導・支援する方法について具体的に詳述する。他の障害との重複やクラッタリングのある子どもの評価や支援も紹介。
  • 構音障害のある子どもの理解と支援

    構音障害のある子どもの理解と支援 構音の状態と子どもの発達に合わせた指導目標の立て方から指導の原則・ポイントまで、正しい構音に導くためのさまざまなアプローチを紹介。構音に苦手さがあるけれども、本当は家族や仲間ともっと話したい、園や学校の生活を楽しみたいと思っている子どもがいます。本書では、多様な発話障害を示す子どもたちに対して、構音の状態と子どもの発達に合わせた指導目標の立て方から指導の原則・ポイントまで、正しい構音に導くためのさまざまなアプローチを紹介します。
  • 言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援

    言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援g ことばの発達に遅れのある子どもや、自閉症スペクトラムなどの子ども、読み書きに難しさのある子どもへの評価から支援のあり方について解説。ことばの発達に遅れのある子どもや、自閉症スペクトラムなどの個性的なコミュニケーションのスタイルをもつ子ども、読み書きに難しさのある子どもへの評価から支援のあり方について具体例を交えて解説します。言語・コミュニケーション発達や読み書きの基礎を理解する入門書であるとともに、より専門的な知識や支援方法を学びたい人にとっても新たな視点を提供します。
  • エビデンスに基づいた吃音支援入門

    エビデンスに基づいた吃音支援入門g 医学者としての冷徹な目と吃音体験者としての熱い思いが絡み合った「吃音ドクター」による吃音支援の入門書!「吃音ドクター」による吃音支援の入門書ができました。医学者としての冷徹な目と、吃音体験者としての熱い思いが絡み合ったユニークな本です。エビデンス(科学的根拠)に基づいた研究が紹介されていますが、その中心コンセプトはあくまでも吃音のある人への支援です。吃音支援に携わる人々の必読の書となるでしょう。
  • 吃音の基礎と臨床 統合的アプローチ

    吃音の基礎と臨床 統合的アプローチ 感情や態度へアプローチする吃音緩和法と流暢な話し方を追求する流暢性形成法の両方を活かした「統合的アプローチ」を中心に解説する。
  • 学齢期吃音の指導・支援 改訂第2版

    より活用しやすくなったアセスメントプログラム。基礎的情報はもちろん、アセスメントから指導・支援の実践方法までを具体的かつ、分かりやすく解説しています。多様な問題を抱える吃音のある子どもの指導・支援に悩むことばの教室の先生や言語聴覚士にとって、著者の長年の経験と研究に裏打ちされた緻密なプログラムは、教育臨床に欠かせないものとなるでしょう。
適用範囲
幼児版:2~6歳(就学前児)、学童版:小学生、中学生以上版:中学生以上成人まで

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
吃音検査法 第2版 検査図版

幼児版・学童版・中学生以上版の3種の検査図版

15,400円 数量
検査法・手引書
吃音検査法 第2版 解説

DVD(症状サンプル)、CD-ROM(スピーチサンプル)付

5,500円 数量
関連書籍
吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援

3,850円 数量
構音障害のある子どもの理解と支援

3,850円 数量
言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援

3,300円 数量
エビデンスに基づいた吃音支援入門

2,090円 数量
吃音の基礎と臨床 統合的アプローチ

※絶版になりました

数量
学齢期吃音の指導・支援 改訂第2版

ICFに基づいたアセスメントプログラム

3,960円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)