心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

知能検査

知能検査

知能を客観的に測定するための心理検査の一種。18世紀後半から19世紀にかけて、近代化された諸国で学校教育が普及すると教育心理学が発展し、学習に遅れがみられる生徒に対応するための心理検査が必要となり、知能検査が開発されました。知能検査は、個別式知能検査(1対1実施) と、集団式知能検査(複数人一度に実施)があります。また、幼児を対象とした幼児用知能検査もあり、幼児用検査は集団、個別に応用可能です。代表的な知能検査には、ウェクスラー式知能検査、ビネー式知能検査などが挙げられ、知能検査も、客観的な検査結果が得られるように多くの人を対象としてデータを集め、標準化を経て作成されています。そのため、標準化された知能検査を実施して得られた結果は、科学的かつ客観的に計測されたものと見なされています。


 個別式知能検査      集団式知能検査      幼児用知能検査
3132 件目 / 全 32
3132 件目 / 全 32