新商品掲載のお知らせ

  • WPPSI-III知能検査
  • SRS-2対人応答性尺度(エスアールエス・ツー)Social Responsiveness Scale Second Edition
  • 老年期うつの検査-15-日本版(GDS-15-J)Geriatric Depression Scale
  • Conners 3® 日本語版 DSM-5対応(コナーズ・スリー)
  • SRQ-DⅡ東邦大式抑うつ尺度 第2版
  • CCC-2子どものコミュニケーション・チェックリスト
  • S-M社会生活能力検査 第3版
  • POMS2 日本語版
  • 感覚プロファイル Sensory Profile
  • FEP 前頭葉・実行機能プログラム

当社開発商品ピックアップ当社開発商品一覧はこちら

  • 成人期ADHD検査 Adult ADHD Self-Rating Scale(A-ADHD)

    成人期ADHD検査 Adult ADHD Self-Rating Scale(A-ADHD)

    DSM-5(米国精神医学会発行の精神障害に診断と統計マニュアル)に準拠した、大人の発達障害(ADHD)をスクリーニング(弁別)するための検査。うつ病、不安障害、適応障害等の臨床現場での初診時や、大学・企業等での心の健康診断時に大人のADHDを発見するための検査として利用できます。

  • 成人期ASD検査 Adult Autism Spectrum Disorders Self-Rating Scale(A-ASD)

    成人期ASD検査 Adult Autism Spectrum Disorders Self-Rating Scale(A-ASD)

    DSM-5(米国精神医学会発行の精神障害に診断と統計マニュアル)に準拠した、大人の発達障害[自閉症スペクトラム障害(アスペルガー障害)]をスクリーニング(弁別)するための検査です。うつ病、不安障害、適応障害等の臨床現場での初診時や、大学・企業等での心の健康診断時に、大人の自閉症スペクトラム障害(アスペルガー障害)を発見するには大変有効な検査です。

  • 日本語版 ECBI アイバーグ子どもの行動評価尺度 Eyberg Child Behavior Inventory(エクビ)

    日本語版 ECBI アイバーグ子どもの行動評価尺度 Eyberg Child Behavior Inventory(エクビ)

    ECBIは子どもの行動上の問題と親の育児困難感を同時に評価することができる簡便な評価尺度です。臨床や地域保健などでのスクリーニングや、介入的治療の進捗度の把握など様々な場面に活用できます。

  • 新版 失語症構文検査 ・ 新版 構文検査小児版

    新版 失語症構文検査 ・ 新版 構文検査小児版

    失語症者および小児の構文機能を評価し、言語治療の手がかりを得ることを目的とした検査。マニュアル・記録用紙・文字/読解カード・図版を収納した新規セットを発行

  • 新版 構音検査

    新版 構音検査

    2010年改訂の最新版。国際表記基準に準拠した検査シートを発行。旧表記をご利用の先生方のために旧表記検査シートも完備。構音の誤りの性質を分析的に捉え、構音治療の指針が得られる検査であることから、日本全国で多くの先生方にご利用いただいております。

  • Szondi Test ソンディ・テスト

    Szondi Test ソンディ・テスト

    ハンガリーの精神科医レオポルド・ソンディが考案した投影法検査。マニュアルと48枚の顔写真、テストシートで構成された人格診断検査です。精神疾患や心身症の病型診断、犯罪者の鑑別診断に大変有効です。また、一般的なカウンセリングなどあらゆる臨床場面での活用も可能です。

  • 文構成テスト

    文構成テスト

    身近なコミュニケーション場面での発話能力えお診断する検査です。発話内容を量的質的に分析することにより、言語コミュニケーション障害のタイプと重症度を評価できる検査です。

  • 日本版RBMT リバーミード行動記憶検査

    日本版RBMT リバーミード行動記憶検査

    高齢化社会・車社会等で頭部外傷や脳障害も増加し、記憶障害が大きな問題となっています。国の支援事業(高次脳機能障害者支援事業)等でも使用されており、国際的にも評価の高い、記憶のリハビリテーションのための判定・診断検査です。職場復帰の判定根拠にも参考になります。

  • CADL 実用コミュニケーション能力検査

    CADL 実用コミュニケーション能力検査

    言語機能ばかりではなく、非言語機能を含む総合的なコミュニケーション能力を検査できます。失語症患者のみならず他のコミュニケーション障害患者(認知症など)にも使用可能な検査です。

  • CES-Dうつ病自己評価尺度

    CES-Dうつ病自己評価尺度

    CES-D (The Center for Epidemiologic Studies Depression Scale) は、一般人におけるうつ病の発見を目的として、米国国立精神保健研究所(NIMH)により開発されました。有用性の高さから、世界中で普及しているうつ病の自己評価尺度

  • P-EG プロジェクティブ・エゴグラム

    P-EG プロジェクティブ・エゴグラム

    日常の生活場面を描いた刺激図を見ながら、5つの選択肢から自分の考えに一番ピッタリするものを選んで回答するエゴグラム。行動化以前の自我の機能(心の動き)を把握できるエゴグラムです。従来のエゴグラムと併用するのが最も有効です。

  • 小児ANエゴグラム

    小児ANエゴグラム

    エゴグラムの考案者であるデュセイの原法では、11歳未満の小児は自我の発達が不十分であるとして対象外になっています。小児ANエゴグラムは、小児期の自我の芽生えに続く自我の発達があるとの考えをもとにした、子供が理解できる質問紙です。自我が芽生え育っていく過程である小児期や思春期に適応できるエゴグラムです。