心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

改訂版 随意運動発達検査

運動パターンを幼児に模倣させる手続きにより、随意運動の発達特徴を診断することができます

概要

対象児

2歳0ヶ月~6歳11ヶ月の幼児

検査時間

20~30分

実施方法

検査者がいくつかの運動パターンを提示し、幼児に模倣させます。幼児の反応を課題ごとに達成基準に照らし合わせ、達成されたか否かを判定します。解説用DVDが用意され、提示方法ならびに判定方法が示されます。

特色

運動パターンを幼児に模倣させる手続きにより、随意運動の発達特徴を診断することができます。高次運動機能の発達に視点をおいた一種の神経心理学的検査です。言語障害児、発達障害児の神経心理学的診断に携わる専門家向きの検査ですが、健常児の発達についての理解を深める上でも役立ちます。

測定領域

①手指、②顔面・口腔、③躯幹・上下肢

測定内容

手指、顔面・口腔、躯幹・上下肢の各領域について、意図的に身体部位を操作する運動機能の発達状態を調べます。課題ごとに健常児の90%が通過する基準年齢が示されていますので、課題の可否によって、健常発達からの逸脱傾向がつかめます。検査結果は領域別に記入でき、領域間差の検討が可能です。

セット内容のご案内

  • 手引き
  • 解説用DVD
  • 検査用紙 10部
適用範囲
2才~6才11ヶ月

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
セット

33,000円 数量
用紙
検査用紙10部

1,650円 数量
検査法・手引書
検査法手引

2,200円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)