心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

SCQ日本語版 Social Communication Questionnaire(エスシーキュー)

自閉症スペクトラム障害(ASD)に関連する症状の有無を評価する質問紙
原著:Michael Rutter, M.D., F.R.S., Anthony Bailey, M.D., Sibel Kazak Berument, Ph.D., Catherine Lord, Ph.D., & Andrew Pickles, Ph.D.
監訳:黒田美保,稲田尚子,内山登紀夫
画像提供:金子書房

概要

種類

対人コミュニケーション質問紙(質問紙法)

対象

暦年齢4歳0カ月以上、精神年齢2歳0カ月以上

質問項目数

検査用紙「誕生から今まで」40項目/検査用紙「現在」40項目
養育者(保護者)が各質問に「はい」「いいえ」のいずれかで回答します。
誕生から現在までの行動に関して評価する「誕生から今まで」と、現在(過去3カ月間)の行動に関して評価する「現在」の2種類の検査用紙があります。

所要時間

回答:10分程度
採点:5分程度

沿革

SCQは、Michael Rutterら、著名な自閉症研究者によってアメリカで開発されました。アメリカでは、2003年に出版されています。すでにスペイン、ドイツ、イギリス、オーストラリア、韓国など、世界各国で使用されています。
日本では、黒田美保(淑徳大学)、稲田尚子(国立精神・神経医療研究センター)、内山登紀夫(福島大学)により、2013年に翻訳されました。

特長

  • 検査用紙は「誕生から今まで」と「現在」の2種類があります。いずれの用紙も、コミュニケーションスキルと対人機能を評価するための40項目から構成され、ASDの可能性がある対象者の養育者(保護者)が回答します。
  • SCQの質問項目は、説明がなくとも保護者が理解できるような内容に工夫されています。保護者に用紙を送付して、質問に回答してもらうことも可能です。
  • 検査用紙「誕生から今まで」では対象者の成育歴について質問し、その結果によって、診断上さらに詳細な検査を要するかどうかを判断します。具体的には、合計得点がカットオフ値を超える、あるいはカットオフ値に近似する場合、ASD症状をはじめとする、発達上の多様なニーズを抱えている可能性が高いと判断します。診断のためのスクリーニング検査としては、こちらの検査用紙の使用が推奨されます。
  • 検査用紙「現在」では対象者の過去3カ月間の行動について質問します。その結果によって、日常生活の実態を把握し、治療・教育の計画を立てることができます。すでに自閉症状があると診断されていて、経時的な変化を知りたい場合は、こちらの用紙の使用が推奨されます。
  • ASD症状のおおよその程度を知る指標として利用できます。

活用方法

主に、病院、保健所、児童相談所、発達障害支援センター、家庭教育センター、療育センター、少年鑑別所、家庭裁判所、各種相談機関での活用を想定しています。実施者は、医師、臨床心理士、臨床発達心理士、特別支援教育士、ソーシャルワーカー、スクールカウンセラー等になります。

  • 医療・看護・福祉 
    スクリーニング検査として
    治療計画や教育計画を立てるために
    症状の経過観察に
    おおよその症状の程度を知るために
  • 教育
    スクールカウンセラーによる、スクリーニング検査として
  • カウンセリング
    臨床心理士によるクライエントの支援に

商品紹介

マニュアル

  • SCQの原著マニュアルの翻訳に加え、日本版の使用にあたり注意すべき事項がまとめられた解説書です。
  • アセスメントの実施/解釈や妥当性の根拠など、SCQに関する重要な情報が記載されています。
  • 初めてSCQ 日本語版を実施される方は、用紙とあわせてご購入ください。

検査用紙:現在(20名分1組)

  • SCQの実施に必要な検査用紙です。
  • 1セットに20名分の検査用紙が入っています。
  • SCQの検査用紙には「誕生から今まで」と、「現在」の2種類があります。「現在」では、対象者の過去3カ月間の行動について質問します。その結果によって、日常生活の実態を把握し、治療・教育の計画を立てることができます。すでに自閉症状があると診断されていて、経時的な変化を知りたい場合は、こちらの検査用紙の使用が推奨されます。

検査用紙:誕生から今まで(20名分1組)

  • SCQの実施に必要な検査用紙です。
  • 1セットに20名分の検査用紙が入っています。
  • SCQの検査用紙には「誕生から今まで」と、「現在」の2種類があります。「誕生から今まで」では、対象者の成育歴について質問し、その結果により、診断上さらに詳細な検査を要するかどうかを判断します。診断のためのスクリーニング検査としては、こちらの検査用紙の使用が推奨されます。
    (Social Communication Questionnaire)
適用範囲
暦年齢4歳0カ月以上、精神年齢2歳0カ月以上

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙:現在(20名分1組)

5,832円 数量
検査用紙:誕生から今まで(20名分1組)

5,832円 数量
検査法・手引書
マニュアル

3,780円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)