当センターには公認心理師、臨床心理士、言語聴覚士が在籍しております。
専門スタッフがお客様のニーズに幅広く対応いたします。

心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

CES-Dうつ病自己評価尺度

The Center for Epidemiologic Studies Depression Scale
セスデー うつ病 (抑うつ状態) 自己評価尺度
 
  • うつ病のスクリーニングテストとして
  •  

  • CES-Dは、一般人におけるうつ病の発見を目的として、米国国立精神保健研究所(NIMH)により開発されました。有用性の高さから、世界中で普及しているうつ病の自己評価尺度です。
  •  

  • 原著者 :Ben Z.Locke/Dr.Peter Putnam

  • 日本版 :医学博士 島悟
  • 発行   :千葉テストセンター

CES-Dの概要

原版 米国国立精神保健研究所(NIMH:National Institute of Mental Health)
適用 15歳以上
所要時間 10~15分
 質問項目 20項目、4件法
 保険点数 80点(区分D285-1) 

特徴

  • CES-Dは、既存の尺度であるZungのSDS、BeckのBDIMMPIなどを参考に、項目の取捨選択を経て作成されました。
  • 心理測定学的にも特異度や陽性的中率が高く、妥当性や臨床的有用性が確認されています。
  • 質問項目は20問と少なく簡便に使用できます。4つの陽性項目を含む二次元尺度です。
  • 対象年齢は15歳~で実施時間は10~15分です。
  • 過去1週間における症状の頻度を問い、「ない」「1~2日」「3~4日」「5日以上」の4つの選択肢から回答します。
  • 正常対照群と気分障害群のどちらかに判定します。
  • 用紙は2枚の紙を貼り合わせた複写式です。回答を記入した1枚目の紙を剥がして、2枚目の紙で採点と判定を行います。
  • 自己評価用ですが、状況によっては面接で使用する事も可能です。高齢者や視力障害者には、面接者が質問項目を読み上げて評価することも可能です。
  • 医療関係・相談関係・産業界等において、心の健康診断や精神健康調査として使用できます。

CES-D 使用の手引


目次


CES-D とは

CES-D 作成の背景

CES-D の特徴

CES-D の信頼性・妥当性

CES-D 日本語版作成について

自己評価尺度使用上の注意事項

臨床におけるCES-Dの使用方法

用紙見本を無料でお送りします!

用紙見本について


本検査の採用をご検討の先生方に用紙見本を進呈いたします。
お問い合わせメールフォーム(こちら)よりご用命ください。

「お問い合わせ内容」欄に【CES-D用紙見本希望】とご記入くださいますようお願いいたします。
心理検査の持つ性質上、臨床心理士や医師などの心理専門の先生方に、ご所属先へのお届けに限らせていただきます。





検査名:CES-D うつ病自己評価尺度 (セスデー、CES-D)

適用範囲
15才~
医科診療・点数
D-285-(1) 80点

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙 50部

5,500円 数量
検査法・手引書
検査法手引

880円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)