心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

SDS うつ性自己評価尺度 Self-rating Depression Scale

  • SDS うつ性自己評価尺度 Self-rating Depression Scale
SDSは Self-rating Depression Scale の略で、1965年、米国デューク医科大学精神科教授ツアン博士によって作成された、うつ性を評価する自己評価尺度です。

原版著者:W.W.K.Zung
日本版:福田一彦,小林重雄
画像提供:三京房

概要

  • 簡単にできるうつ性評価尺度として臨床的に定評がある。
  • 質問項目はわずか20項目で、「ない」、「ときどき」、「かなりのあいだ」、「ほとんどいつも」の4段階に自己評価する。 ※ここでいう「自己評価」とは、「自己回答」の意味で、採点や結果の判断は検査者が行います。
  • 10項目は陽性に、残り10項目は陰性に書いてあって、配列が入り交じっているため、被検者は答案のパターンがわかりにくい。
  • 4段階の評価であるから、あらりさわりのない平均的な中間の応答ができないようになっている。
  • 昏迷状態、強い制止もしくは渋滞状態の患者を除き、自己評価の可能な者に実施できる。
  • 正常、神経症、うつ病の3郡類の平均値は、危険率1%以下で有意差があり、再検査の相関係数は0.85。
  • うつ病群と正常群との間に、得点範囲のオーバーラップが全然ない。
  • 病状の寛解、軽快にともなって、得点の減少がみられた。
  • テスト用紙は回答用紙と記録用紙とが密着し、透し防止の工夫がしてあるから、被検者は上下左右いづれからでもその内部をうかがうことは出来ず、得点や結果を全く予知することはできない。
  • 1箇所だけあるすきまより簡単に回答用紙と記録用紙とがはがれる。
  • 採点は◯で囲まれた数字を評価点欄に転記し、集計するだけでよい。
  • Global Rating の欄があって、検査者が面接の印象を評価記入し、SDSの得点と比較できるようになっている。
  • うつ病のように、患者が何事をするにもおっくうがる場合には、SDSのように項目をしぼった簡易なテストが実際には役立つ。
  • 精神衛生のために、情意状態を知るスクリーニングテストとしても使用できる。
  • 実施時間:10~15分、整理時間:2分<

L版(A4)用紙

活字が大きくなっていますので、高齢者や弱視者に適しています。

検査名:SDS うつ性自己評価尺度(SDS)

適用範囲
青年~
医科診療・点数
D-285-(1) 80点

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙 50部

使用手引付

7,560円 数量
L版検査用紙 50部

使用手引付

8,640円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)