心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

CAS 不安測定検査

心のSOSをいちはやくキャッチする「心の健康診断」

特徴と利用方法

CAS不安測定検査は、性格特性の中でも、不安と関係の深い5つの因子で不安傾向の程度を測定します。検査時間が短く(5~10分程度)、手採点も簡単で検査に負担がかかりません。また、同じ被験者に繰り返し使用することができますので、カウンセリングの経過等のチェックにも有効です。一斉実施することで、問題を抱える生徒をいちはやくチェックすることができます。

5つの性格因子と不安傾向の強さ

CASは5つの因子とその総合から、不安傾向を測定します。すべて1~10までの段階点とプロフィールで示され、ひとりひとりの特徴が診断できます。

人格統御力の欠如 感情や行動を吟味したり、統御していこうとする意識の不足を示す因子です。得点の低いものは、自己統制力に富み、高いものは自己統制力が乏しく、性格的に弱いのが特料です。
自我の弱さ 自我の成熟不足を示す因子です。得点の高いものは、情緒的に不安定で、自信が乏しく引っ込み思案で、低いものは、安定した自信のある性格を示します。
疑い深さ 得点の高いものは、疑い深いタイプで、対人関係が悪化しやすいので孤独になりがちです。得点の低いものは、順応しやすく、サッパリとした性格を示します。
罪悪感 無価値観や憂うつ感を含む因子です。得点の高いものは、不安感が強く、臆病でくよくよしています。得点の低いものは、自信がある、順応性に富むなどの特色を示します。
欲求不満による緊張 得点の高いものは、衝動による緊張感が高く、興奮しやすい、怒りっぽい、神経質などの傾向を示します。得点の低いものは、冷静で、落ち着いているなどの特色を示します。

総合点によって不安傾向のレベルは以下のように診断できます。
・1~3は、精神的に安定している。
・4~6は、普通のレベルである。
・7~8は、要注意レベル。
・9~10は、問題あり。

(CAS)

適用範囲
中学生~大学生
医科診療・点数
D-285-(1) 80点

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
中学生用紙

264円 数量
一般用紙

※高校生~大学

264円 数量
検査法・手引書
共通手引(中学・一般共通)

※2015年4月1日より価格変更

509円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)