心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

STAI 状態・特性不安検査(FormX)

不安の2因子を測定します
STAIはState-Trait Anxiety Inventoryの略で、1970年スピールバーガーの原著で、千葉大学医学部名誉教授 水口公信、文京女子大学教授 下仲順子、岩手県立大学教授 中里克治によって日本標準化された。

原版著者:C.D.Spielberger
日本版作成:水口公信,下仲順子,中里克治
画像提供:三京房

概要

  • 不安の2因子、「状態不安」と「特性不安」を測定する。
  • 状態不安 (State Anxiety) は、たった今この瞬間に自分に当てはまる不安を指し、特性不安 (Trait Anxiety) は普段のいつもの自分に当てはまる不安を指す。
  • 質問項目は各20項目、計40項目から構成されている。
  • アンカー・ポイント(1-4)の自己評価尺度。
  • FormXは世界40カ国語に翻訳されており、過去15年間で、心理学、精神医学、内科、心療内科、外科、社会学などの分野で3000を超す文献がある。
  • 男性571名、女性663名によって日本標準化。
  • 状態不安の妥信頼性は内的整合性を示すクローンバックのα係数0.92。
  • 状態不安の妥当性は十分に検討されている。
  • 特性不安の再検査信頼性は0.89(1時間)、0.71(3ヶ月)。
  • 特性不安とMASの相関は0.75。
  • 状態不安と特性不安の相関は0.27と重複が少ない。
  • 神経症、心身症、老人等臨床データがある。
  • ストレスの心身への影響度の測定に最適。
  • 回答用紙は、表面に状態不安、裏面に特性不安の質問項目があり、回答を記入すると、内側の記録用紙に両面の得点が転記される。コーナーカットした箇所から重なっている用紙をはがして採点を行う。
  • 実施時間:10分、整理時間:2分。

(STAI)
適用範囲
中学生~
医科診療・点数
D-285-(1) 80点

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙 50部

手引書付

7,560円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)