心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

WHO QOL26(キューオーエル) WHO Quality of Life 26

WHOが開発した“生活の質”を測る調査票
・質問項目数26問
・「過去2週間にどのように感じたか」、「過去2週間にどのくらい満足したか」、あるいは「過去2週間にどのくらいの頻度で経験したか」を、「まったくない」「少しだけ」「多少は」「かなり」「非常に」などの5段階で回答します
・集団にも個別にも使用できます
・回答所要時間:10分程度
・自己採点所要時間:5分程度

編集:世界保健機関・精神保健と薬物乱用予防部
監修:田崎美弥子,中根允文
発行:金子書房

概要

  • 疾病の有無を判定するのではなく、受検者の主観的幸福感、生活の質を測定します。
  • 身体的領域、心理的領域、社会的関係、環境関係の4領域のQOLを問う24項目と、QOL全体を問う2項目の、全26項目から構成されています。
  • 4つの領域とは
    身体的領域 日常生活動作、医薬品と医療への依存、活力と疲労、移動能力、痛みと不快、睡眠と休養、
    仕事の能力
    心理的領域 ボディ・イメージ、否定的感情、肯定的感情、自己評価、精神性・宗教・信念、
    思考・学習・記憶・集中力
    社会的関係 人間関係、社会的支え、性的活動
    環境領域 金銭関係、自由・安全と治安、健康と社会的ケア:利用のしやすさと質、居住環境、
    新しい情報・技術の獲得の機会、余暇活動への機会、生活圏の環境、交通手段
  • 検査用紙1枚で、回答と採点が簡単に行なえます。
  • 欧米、アジア、先進国、開発途上国と、幅広く用いられている世界的な検査です。

沿革

  • WHOでは、生活の質(QOL)を‘個人が生活する文化や価値観の中で、目標や期待、基準および関心に関わる自分自身の人生の状況についての認識’と定義しています。
  • この理解から、WHOでは1992年から5年余りの歳月をかけ、異文化間でも結果の比較が可能なQOL調査票の開発を行いました。
  • 世界22カ国が調査票開発のプロジェクトに参加しています。日本では、1997年に初版が刊行されています。

活用方法

企業・各種団体
●従業員の精神健康度をはかる指標として
●職業と、従業員の生活の質の関係を知るため
●臨床治療の研究に
医療・看護・福祉/カウンセリング
●治療方針の決定や、治療過程における変化の評価の指標に
●高齢者の生活の質の測定に
●障がい者の生活の質の測定に
●在宅介護者の負担度の測定に
教育
●教員や生徒、学生を取り巻く生活環境の見直しに
(WHOQOL)
適用範囲
18才~成人
医科診療・点数
D-285-(1) 80点

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙 50部

9,900円 数量
検査法・手引書
検査法手引

1,760円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)