心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

MEDE 多面的初期認知症判定検査 Multiphasic Early Dementia Examination(メデ)

認知症の初期症状を捉え、早期対応を目的とした検査

認知症を初期の段階で発見し、生活環境・態度・行動の改善を図り、認知症の進行を遅らせ、少しでも永く社会に適応させるために開発された検査です。
編著:MEDE研究会 福井嗣泰,城田和明,中塚みゆき,真下弘,室津恵三
発行:千葉テストセンター

特長

  • 健常者の年齢別平均得点を判定基準にしているため、従来の障害判定目的型検査と異なり、健常者からの逸脱という視点から、 認知症の初期症状をとらえることができます。そのため、判定は、《健常》《疑健常》《境界》《軽度障害》《中度障害》《重度障害》等と細分化しています。
  • 痴呆と関係する中核症状の障害水準と、中核障害をより顕在化させる周辺症状を測定することができます。
  • 自己評価・他者評価質問用紙により、日常生活の中での自己認識と他者認識の差を明らかにすることができ、その差の検討によって、援助方法などを考案できます。
  • 高齢者、障害者の検査時の負担が少なくなるよう、項目数を少なくし、検査時間の負荷を小さくしてあります。また、項目内容の難易度もできる限り低くしてあります。
  • 障害の判定だけでなく、健常者の健康度や適応水準についても利用できます。

検査の構成

  • 本人検査用 (A.b) と他者評価用 (c.) の2種の検査で構成されています。 多面的な知的機能や周辺情報が得られます。
    A. 知的機能検査:エピソード記憶・意味記憶・数の操作・短期記憶・知覚判断連続作業の各水準判定及び全体判定ができます。
    b. 自己評価検査:中核症状・記憶障害(一般物忘れ・自己懐疑物忘れ・障害物忘れ)の各水準判定及び全体判定ができます。
    c. 他者評価検査:測定因子は(b)と同一です。当該者の身のまわりの者による評価で、本人と他者との評価のズレを把握し判定の理解を深めます。

サンプルセット内容

検査名:MEDE多面的初期認知症判定検査

・マニュアル(採点版つき) 1冊
・Ab用紙 25部
・c用紙 25部
適用範囲
成人
医科診療・点数
D-285-(1) 80点

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
サンプルセット

15,120円 数量
用紙
Ab用紙(本人記入) 25部

8,640円 数量
c用紙(他者記入) 25部

4,320円 数量
検査法・手引書
マニュアル

3,672円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)