心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

S-PA標準言語性対連合学習検査

日本高次脳機能障害学会より、言語性記憶の新しい検査が発売されました!
待望の『標準化された言語性対連合学習検査』がついに完成!
言語性記憶を把握するために、また記憶障害が疑われる方のスクリーニングツールとして、幅広く活用いただけます。

画像提供:新興医学出版社

概要・特徴

  • 適応年齢:16~84歳
  • 所要時間:10分程度
  • 構成:有関係対語試験10対・無関係対語試験10対
  • 主な特徴:
    ①時代を考慮した単語を選出
    ②平行性の確認された3セットの中から実施可能
    ③健常者の平均値を示し、年齢別の判定基準を導入
    ④簡便に判定できるスコアリングシート付き!

おもな目次

  • Ⅰ.標準言語性対連合学習検査の開発
    1.基本方針/2.検査セットの作製/3.健常データの収集方針/4.健常データの分析/5.健常者データからみた基準値の設定/6.症例データの収集方針/7.症例データからみた判定基準の妥当性/8.症例提示
  • Ⅱ検査の実施方法
    1.適応基準/2.実施方法/3.結果の判定方法

よくある質問

Q:S-PAの適用年齢は?
A:16~84歳です。
Q:S-PAの所要時間はどれくらいですか?
A:10分程度です。
Q:S-PAは「三宅式記銘力検査(東大脳研式記銘力検査)」とはどこが異なるのですか?
A:S-PAでは、有関係対語試験、無関係対語試験の組み合わせが3種類(セットA・B・C)用意されており、用いる対語は時代を考慮したものとなっています。また、健常者の年齢別の平均値を示しており、検査成績の客観的な解釈が可能です。さらにスコアリングシート付きで、簡便に判定できるようになっています。詳細はマニュアルを参照下さい。
Q:なぜセットA、B、Cと3種類あるのですか? また、例えばセットAから使う、等の使う順番はあるのですか?
A:記憶検査は複数回にわたって使用される場合があり、平行性が確認された検査(同程度の難易度で同質の検査)を3セット作成することで、繰り返し行えるようにしています。使う順番は特に決まっておりません。
Q:S-PAに診療点数はつきますか?
A:現在のところついておりません。
Q:マニュアルのみの販売はしていないのでしょうか?
A:マニュアルのみの販売はいたしておりません。スタートキットはマニュアル1部と用紙(各5部入り)がセットになっています。
(Standard verbal paired-associate learning test〉
適用範囲
16歳~84歳

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
NEWスタートキット

マニュアル1部、検査用紙3種類各5部セット

4,860円 数量
用紙
NEWスコアリングシート・検査用紙3種 各20部

4,320円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)