心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

PSI 育児ストレスインデックス

育児ストレス測定ツールの決定版
ストレス状態にある親子関係の早期発見や、ストレス軽減のための早期介入等に役立ちます
Abidin博士により米国で開発されたParenting Stress Index (PSI)は、親の育児ストレスを測定する有効なツールとして、世界25カ国語以上に翻訳され、研究・臨床のさまざまな場面で活用されています。PSIは、親の育児ストレス、親子や家族の問題などをアセスメントし、援助の必要なケースを早期に発見したり、これらの問題への援助やプログラムの効果を知ることに役立ちます。また、親自身にとっても、自らの育児を再確認し、ストレスを緩和するきっかけとすることができます。専門家、関係者から永らく発行を待たれていたこの日本版PSIは、原版を単に翻訳した日本語版でなく、日本の親に使用できるものとして再開発されたものです。

原著者:Richard R.Abidin
日本版著者:兼松百合子,荒木暁子,奈良間美保,白畑範子,丸光惠,荒屋敷亮子
実施所要時間:20分~30分程度
発行:雇用問題研究会

概要

構成と内容

  • PSIは78の質問から構成されており、各項目について、「まったく違う」~「まったくそのとおり」の5段階で答える形式になっています。
  • 検査時間は20~30分です。

理論モデル

原版のPSIの構造は、機能不全を起こしている育児状態への決定要因に関する理論モデルに基づいています。親が経験するストレスは、突出した子どもの特徴や親の特徴および親役割に関連する状況因子が直接的に影響しています。

集計

「プロフィール用紙」の『PSI集計用紙』に各項目の点数を記入します。上段が「子どもの特徴」に関するストレスの7つの下位尺度、下段が「親自身」に関するストレスの8つの下位尺度となります。

プロフィール作成とアセスメント

集計結果より『パーセンタイル表』に得点をプロットし、プロフィールを作成します。プロットされた線の形状をもとに、対象者の育児ストレスの特徴をアセスメントします。
パーセンタイル表の上半分の線が右側に突起している場合は、子どもの特徴に関するストレスが高く、下半分の線が右側に突起している場合は、親自身に関するストレスが高いことを示します。

用紙内容

質問・回答用紙、プロフィール表 各1部

手引

開発者 Richard R. Abidin の書き下ろしの序文をはじめ、原版PSIにマニュアル(第3版)の概念枠組みを訳出、PSIの開発過程や概念について詳説。また、日本版PSIの信頼性・妥当性、およびスコア、使用方法に加えて、ソーシャルサポートとの関連やさまざまな対象のスコアとプロフィールを掲載。これらは日本版著者らが15年以上取り組んできた研究の成果であり、研究・臨床で活用する際の必携資料です。付録には、原版 Short Form および日本でPSI研究を基盤にして開発された19項目の育児ストレスショートフォーム(PS-SF)とPS-SFを活用した育児相談の援助マニュアルも掲載。臨床ですぐに活用できる内容です。親自身にとっても、自分の育児を再認識し、ストレスを緩和するきっかけとすることができるものです。

適用範囲
育児中の母親

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙

330円 数量
検査法・手引書
手引 【2訂版】

A4判 144頁

2,750円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)