心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

PSI パブリックヘルスリサーチセンター版ストレスインベントリー Public Health Research Foundation Type Stress Inventory (ピーエスアイ)

  • PSI パブリックヘルスリサーチセンター版ストレスインベントリー
子どもの心身の不調、ストレスの原因、周りからの援助を測定し、心の健康状態を探る検査です
著者:坂野雄二,岡安孝弘,嶋田洋徳
検査対象:小学生用(小4~小6),中学生用(中1~中3),高校生用(高1~高3)
実施時間:約10分
採点方法:自己採点方式
採点時間:約10分
体裁:A4判 複写式
画像提供:実務教育出版

概要

PSIは、子ども用ストレスチェックテストです。児童・生徒の現在の心の健康状態を、ストレス反応、ストレッサー、知覚されたソーシャルサポートの3つの尺度で測定し、子どもの現在の心の健康状態を客観的かつ簡便な方法で調べることができます。相談機関や学校において、教育臨床的実践に役立つツールとして、個人、集団のどちらの場合も実施可能です。

  • 問題を抱えている子どもを早期に発見し、適切な援助をすることに役立ちます。
  • 日常的な観察では気づかなかった子どもの隠れた問題を発見することに役立ちます。
  • 相談機関や学校における定期的な心の健康診断に活用できます。

検査のプロフィール

検査のプロフィール

SR:ストレス反応

子どもがストレス状態にあるときに表れる身体的・心理的反応を測定。
PHY:身体的反応 (小学生用・中学生用のみ)
この得点が高いときは、ストレス反応が身体化されていることが疑われる。
DEP:抑うつ・不安
この得点が高いときは、不安や心配な気持ち、気持ちが沈んでいる状態を表している。
IRR:不機嫌・怒り
この得点が高いときは、イライラや怒りの感情に支配されていることを表している。
HEL:無力感
この得点が高いときは、脱力感、根気のなさ、意欲の低下が強いことを表している。
ST:ストレッサー

子どもが日常の学校生活で経験することが多く、しかも嫌悪的であると評価されることが多い出来事(ストレスの原因)の経験頻度を測定。
TEA:教師との関係
教師から叱責されることが多かったり、教師に対して何らかの不満を感じていることが多いときに、この得点が高くなる。
FRI:友人関係
クラスメートとの人間関係がうまくいっていないときに得点が高くなる。
ACA:学業
勉強内容についていけずに授業内容が理解できなかったり、自分自身が期待しているような成績が取れなかったりするときに得点が高くなる。
CAR:進路 (高校生用のみ)
卒業後の進路が曖昧であったり、漠然と決めていても保護者を含む周囲から支持がなかったりするときに得点が高くなる。
SS:ソーシャルサポート

自分がストレス状態にあるときに、周囲の人がどのくらい助けになってくれるかというサポートの入手可能性関する評価、すなわち知覚されたサポートを測定。

PSIの尺度構成

※カッコ内は下位尺度の質問項目数

上位尺度 SR: ストレス反応
( 心身の不調 )
ST:ストレッサー
(ストレスの原因)
SS:ソーシャルサポート
(周りからの援助)
小学生用 下位尺度
(計33項目)
PHY:身体的反応(3)
DEP:抑うつ・不安(3)
IRR:不機嫌・怒り(3)
HEL:無力感(3)

TEA:教師との関係(3)
FRI:友人関係(3)
ACA:学業(3)

父親(3)
母親(3)
担任(3)
友人(3)
中学生用 下位尺度
(計44項目)
PHY:身体的反応(4)
DEP:抑うつ・不安(4)
IRR:不機嫌・怒り(4)
HEL:無力感(4)
TEA:教師との関係(4)
FRI:友人関係(4)
ACA:学業(4)
父親(4)
母親(4)
担任(4)
友人(4)
高校生用 下位尺度
(計47項目)
DEP:抑うつ・不安(5)
IRR:不機嫌・怒り(5)
HEL:無力感(5)
TEA:教師との関係(4)
FRI:友人関係(4)
ACA:学業(4)
CAR:進路(4)
父親(4)
母親(4)
担任(4)
友人(4)

マニュアルと検査用紙

マニュアル

【目次】

  • 第1章 PSI作成の背景

    1.子どもの学校不適応
    2.子どものストレスと心の健康に関する研究

  • 第2章 実施法と採点法

    1.実施法
    2.採点法
    3.採点結果の解釈

  • 第3章 利用法と実例

    1.利用法
    (1)学校および学級単位での利用
    (2)臨床場面における個別的利用
    2.事例
     (1)事例1-小学校における学校単位での利用事例
     (2)事例2-小学生の臨床場面における個別的利用事例
     (3)事例3-不登校傾向の中学生への個別的な利用事例
     (4)事例4-中学校のソーシャルスキル教育における学年単位での利用事例
     (5)事例5-中学生の臨床場面における個別的利用事例

  • 第4章 作成過程と得点分布

    1.PSI小学生用の作成過程
    2.PSI中学生用の作成過程
    3.PSI高校生用の作成過程
     文献




検査用紙サンプル

検査用紙のサンプルはこちらからご確認ください。

適用範囲
小4~小6(小学生用)、中1~中3(中学生用)、高1~高3(高校生用)

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
小学生用 用紙 30部

※2019年4月1日~価格変更

8,550円 数量
中学生用 用紙 30部

※2019年4月1日~価格変更

8,550円 数量
高校生用 用紙 30部

※2019年4月1日~価格変更

8,550円 数量
検査法・手引書
共通マニュアル

※2019年4月1日~価格変更

2,600円 数量
その他
小学生用 サンプルセット

共通マニュアル・用紙5部
※2019年4月1日~価格変更

4,050円 数量
中学生用 サンプルセット

共通マニュアル・用紙5部
※2019年4月1日~価格変更

4,050円 数量
高校生用 サンプルセット

共通マニュアル・用紙5部
※2019年4月1日~価格変更

4,050円 数量
小学・中学生用 サンプルセット

共通マニュアル・用紙5部
※2019年4月1日~価格変更

5,450円 数量
中学・高校生用 サンプルセット

共通マニュアル・用紙5部
※2019年4月1日~価格変更

5,450円 数量
小学・中学・高校生用 サンプルセット

共通マニュアル・用紙5部
※2019年4月1日~価格変更

6,900円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)