心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

TSCC 子ども用トラウマ症状チェックリスト

Trauma Symptom Checklist for Children

TSCCは虐待などトラウマ性体験の子どもへの影響をより正確にもれなく評価できる最新の心理検査である。慢性的なトラウマ体験の子どもへの心理的影響を主たる研究・臨床領域としている著者により開発された本テストが、わが国トラウマ研究の第一人者の手により待望の日本語版として登場。

所要時間:回答15~20分、採点,プロフィール作成5~10分
発行:金剛出版

特徴

 虐待・災害などトラウマ性体験の子どもへの影響をより正確にもれなく評価できる心理検査。54または44l項目からなる簡単なチェックリストを子どもたちに記入してもらい、その答えをプロフィール用紙で採点することによって、子どもたちがトラウマ性体験によって傷ついている可能性を確実かつ容易に見出すことができます。このチェックリストによる気づきから、早期に適切な対応をとることでトラウマを持つ子どもたちの困難を減じ、よりよい未来をもたらすことができます。

概要

子ども用トラウマ症状チェックリスト(TSCC) 専門家のためのマニュアル

慢性的なトラウマ体験の子どもへの心理的影響を主たる研究・臨床領域としている著者により開発されたTSCC。その開発の経緯から具体的な使用法や事例、標準データを記載した標準マニュアル。

著者:J・ブリア 訳:西澤哲 A4 64頁


日本版TSCCの手引-その基礎と臨床-

TSCCをわが国の臨床現場で使う際のポイントや注意点、解釈にあたっての考慮すべき問題点などを具合的に詳述するとともに、米国とわが国のデータを詳細に示して検証し、本システムの妥当性、有用性を実証。

著者:西澤哲,山本知加 A5 110頁



TSCC (全項目版) 用紙セット(男の子用・女の子用)

より詳細に反映する性的関心項目を含むTSCC全項目版(54項目)の質問票とプロフィール用紙の25組セット。

TSCC TSCC-A)44問 用紙セット(男の子用・女の子用)

子どもや保護者、関係者などに時として抵抗をもたれる性的関心項目を割愛した、現場で使いやすいTSCC-A版(44項目)の質問票とプロフィール用紙の25組セット。

子どものトラウマ 関連書籍

  • 子どものトラウマと悲嘆の治療

    -トラウマ・フォーカスト認知行動療法マニュアル-

    ●著者:J.A.コーエン、A.P.マナリノ、E.デブリンジャー
    ●監訳:白川美也子、菱川藍、冨永良喜
    ●発行:金剛出版

    本書で述べるトラウマ・フォーカスト認知行動療法(TFCBT)は,トラウマやトラウマ性悲嘆を受けた子どもへの治療法として信頼すべき理論的基盤を持ち,科学的に効果が実証され,厳密な臨床家の養成システムに支えられているアプローチである。 本書では,著者らの20年余にわたる臨床研究と実践現場での適用の試みを通してモデル化されたTFCBTのすべてを余すところなく紹介する。第1部は,児童期トラウマの影響,TFCBTモデルの概念,アセスメント技法を紹介し,第2部はトラウマに焦点を当てた構成要素を,覚えやすい頭文字の組み合わせ,PRACTICEを用いてわかりやすく描き出す。さらに第3部ではトラウマ性悲嘆に焦点を当てた構成要素を詳述する。どちらの構成要素についても,単なる施行法の説明に留まらず,綿密な研究成果と豊富な臨床体験双方から,文化や発達,子どもと親双方への介入の留意点,困ったときの対処法など,施行に必須の臨床感覚がみごとに凝縮されている。また,巻末の付録では,わかりやすい配付資料と情報の見本,子ども,親,治療者のための文献などの参考資料一覧を掲載した。 子どものトラウマ治療の福音として訳出が待たれていたTFCBTマニュアルが,第一線の臨床家らによってついに刊行された。

  • トラウマをかかえた子どもたち

    -心の流れに沿った心理療法-

    ●著者:D.M.ドノヴァン
    ●訳:西澤哲
    ●原書名:Healing the Hurt Child: A DEVELOPMENTAL- CONTEXTUAL APPROACH
    ●発行:誠信書房

    ●内容:トラウマをかかえた子どもたちにどのように心理療法を行えばよいか、本書は「発達―コンテクスト的アプローチ」という新しい方法を提唱している。豊富な事例を通して子どもたちの内面世界がリアルに描かれ、目を見張るような新たな視点がちりばめられている。

    ●目次
    1 子どもの理解という単純な作業を妨げる複雑な障害物
    2 子どもはどう考え、どうコミュニケートし、どのように相互関係を持ち、そしてどう変化していくか
    3 発達とコンテクストを重視した子どもの心理療法
    4 子どもの解離――正常なもの、病的なもの、そして治療的なもの
    5 成育歴の聴取、論理という道具、親の問題
    6 治療空間
    7 治療適性の評価
    8 傷つき「心破れた」子どもたち
    9 子どもの人生における喪失
    10 子どもの心理療法のスタイルに関する批判的検討
    11 心理療法における初回面接

  • 【子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ】
    さよなら、ねずみちゃん

    少年とペットのねずみちゃんの別れを優しい絵と文章で綴る絵本。死別という避けて通れない人生の現実を学ぶための大切なレッスン

    ●作:ロビー・H・ハリス
    ●絵:ジャン・オーメロッド
    ●監訳:飛鳥井望、亀岡智美
    ●訳:遠藤智子
    ●原書名:Goodbye Mousie
    ●発行:金剛出版
    ●内容:ある日、小さな男の子の大切な友達だったペットのねずみちゃんが死んでしまいます・・・。
    子どもが大切な存在を失った悲しみを知り、それを周りの人たちの助けを得ながら乗り越えるまでの物語を丁寧に描く。大切な存在がいなくなるとはどういうことかが理解でき、「死」とはなんであるかを学ぶための絵本。
  • 【子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ】
    こわい目にあったアライグマくん

    酷い出来事を目撃して苦しむアライグマくんのお話。暴力事件、DV、事故、自然災害などによる二次被害の影響に苦しむ子どものために
    ●作:マーガレット・M・ホームズ
    ●絵:キャリー・ピロー
    ●監訳:飛鳥井望、亀岡智美
    ●訳:一杉由美
    ●原書名:A Terrible Thing Happened
    ●発行:金剛出版
    ●内容:アライグマくんはある出来事を見てしまったために、家でも学校でも不安でイライラして乱暴になり、生活がうまくいかなくなっていきます。どうすれば良いのか当人も周りも分からず困ってしまいます・・・。
    家庭内暴力、暴行、事故、自然災害などのショッキングな出来事を目撃し、二次被害を受けてその影響に苦しむ子どものための絵本。

  • 【子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ】
    ねぇ、話してみて!

    性虐待を受けた少女が自分の体験と気持ちを絵本にした。子供に読み聞かせることで、性虐待の発見と理解、援助、未然防止が可能になる
    ●作絵:ジェシー
    ●監訳:飛鳥井望、亀岡智美
    ●訳:一杉由美
    ●原書名:Please Tell !
    ●発行:金剛出版

    ●内容:性的な虐待を受けた女の子ジェシーが、その苦悩とトラウマを乗り越えていく絵本。 この絵本の特長は絵も文も虐待の被害者である女の子が、同じ被害者を援助する目的で描いています。性的虐待の発見と理解、子どもの援助、未然防止が可能になる絵本。

適用範囲
8歳~16歳

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
TSCC (全項目版) 用紙セット
(男の子用)25組入

※2016年7月販売再開

5,500円 数量
TSCC (全項目版) 用紙セット
(女の子用) 25組入

※2016年7月販売再開

5,500円 数量
TSCC-A 用紙セット
(男の子用)25組入

※2016年7月販売再開

5,500円 数量
TSCC-A 用紙セット
(女の子用) 25組入

※2016年7月販売再開

5,500円 数量
検査法・手引書
子ども用トラウマ症状チェックリスト(TSCC) 専門家のためのマニュアル

3,300円 数量
日本版TSCC(子ども用トラウマ症状チェックリスト)の手引き その基礎と臨床

2,640円 数量
関連書籍
子どものトラウマと悲嘆の治療 -トラウマ・フォーカス認知行動療法マニュアル-

3,740円 数量
トラウマをかかえた子どもたち-心の流れに沿った心理療法-

5,280円 数量
さよなら、ねずみちゃん

※子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ

1,870円 数量
こわい目にあったアライグマくん

※子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ

1,870円 数量
ねぇ、話してみて!

※子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ

1,870円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)