心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

NEWS-M社会生活能力検査 第3版

  • S-M社会生活能力検査 第3版
 新版S-M社会能力検査の改訂版。子どもの日頃の様子から社会生活能力の発達を捉える検査です。

実施時間:20分
画像提供:日本文化科学社

第3版への改訂について

  • 現代の子どもを対象とした調査に基づいて、新たに換算表を作成しました。
  • 適用年齢や検査方法は以前の版と変更ありません。
  • 質問項目は内容が時代に合っているか、回答に性差がないか等を考慮し変更されました。
  • 質問項目の一部文言は現代のことばづかいに合うように見直されました。
  • 検査用紙がA4サイズになり、より見やすく回答しやすくなりました。
  • 第3版の検査用紙で検査結果を換算・算出するには、第3版の手引が必要になります。

特徴

  • 子どもの日常場面での行動が検査の対象です。
  • 検査者が子どもを直接検査するのではなく、子どもの日常生活をよく知っている保護者や担任教師が回答します。
  • 質問項目は発達年齢段階ごとに分かれていて、合計129の項目で構成されています。
  • 回答結果をもとに社会生活年齢(SA)と社会生活指数(SQ)が算出できます。
  • SAはそれぞれの領域別に求めることができます(求められる領域は下記「社会生活能力の測定領域」を参照)
  • プロフィール欄へ領域別SAを描くことで子どもの社会生活能力の特徴を視覚的に捉えることができます。

社会生活能力の測定領域

1 身辺自立 SH(Self-Help) 衣服の着脱、食事、排せつなどの身辺自立に関する能力。
2 移動 L(Locomotion) 自分の行きたい所へ移動するための能力。
3 作業 O(Occupation) 道具の扱いなどの作業遂行に関する能力。
4 コミュニケーション* C(Communication) ことばや文字などによるコミュニケーション能力。
5 集団参加 S(Socialization) 社会生活への参加の具合を示す能力。
6 自己統制作業 SD(Self-Direction) 図形や数量の理解・処理といった数学的思考を含んだ、問題解決に向かって思考する力。
*第3版では、従来の「意志交換」を、より一般的で理解しやすい「コミュニケーション」に名称変更しました。

商品の紹介


S-M社会生活能力検査の活用と事例 ‐社会適応性の支援に活かすアセスメント‐

 
0012-14402.jpg
  • S-M社会生活能力検査を活用するための一冊。検査の概説と多様な臨床事例で構成。
  • S-M社会生活能力検査の事例集。子どもたちの社会生活能力を適切に評価し、ニーズに応じた的確な支援を行うための事例が満載。第1部で、検査の概説と活用に向けた解釈の仕方ならびに支援に向けての留意点を整理し、第2部で、多様な領域・対象年齢から幅広く選択した20の事例を紹介している。

(SM、S-M、)

適用範囲
乳幼児~中学生

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
NEW検査用紙(20名分)

10,800円 数量
検査法・手引書
NEW手引書

5,400円 数量
関連書籍
S-M社会生活能力検査の活用と事例 ‐社会適応性の支援に活かすアセスメント‐

B5判 190頁

2,700円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)