心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

成人期ADHD検査 Adult ADHD Self-Rating Scale(A-ADHD)

  • A-ADHD 成人期ADHD検査(Adult ADHD Self-Rating Scale)
 DSM-5(米国精神医学会発行の精神障害に診断と統計マニュアル)に準拠した、大人の発達障害(ADHD)をスクリーニング(弁別)するための検査。
 うつ病、不安障害、適応障害等の臨床現場での初診時や、大学・企業等での心の健康診断時に大人のADHDを発見するための検査として利用できます。

著者:福西勇夫
実施時間:10~15分
採点診断:10~15分
発行:千葉テストセンター

特長

  • 大人の発達障害(ADHD)をスクリーニングする検査として利用できる。
  • 自己記入式。「あまりない」「ときどき」「しばしば」「いつも」の4つの中から1つだけを選択、実施時間は10~15分程度。
  • 質問項目は35項目で構成。簡潔で曖昧さのない文章を採択。
  • 質問はわかりやすくシンプル。
  • ADHDの主要な構成要素である三大症状(注意散漫、多動性、衝動性)に関連した20のチェック項目を選択、これらに加えADHDにみられやすい二次障害に関する9項目及び、自閉症スペクトラム障害(DSM-IV-TRにおけるアスペルガー障害)や学習障害などのADHDに併発しやすい神経発達障害に関する6項目を設定。
  • 注意散漫に関連する14項目のみを用いればADDのスクリーニングも同時に行える。

目次

1.はじめに
 (1) 一昔前までは「あれは性格だから・・・」で済まされてきた発達障害
 (2) DSM-5による発達障害に関する概念の大幅な変更:ようやく発達障害として認められたADHD
 (3) DSM-5とICD-10の違い
 (4) 本検査開発に至る前段階の臨床研究:ASRS日本語版Part Aの弁別的妥当性の検討
 (5) 本検査開発に至る前段階の臨床研究:気分障害や不安障害などの精神疾患の併存

2.ADHDチェックリスト作成の試みとその妥当性及び信頼性の検討
 (1) 目的
 (2) 対象と方法
 (3) 結果
 (4) 考察1:地域差の問題
 (5) 考察2:性差に関して

3.検査A-ADHDの施行と採点
 (1) 実施方法
 (2) 採点方法
 a. ADDの評価
 b. ADHDの評価
 c. 二次障害
 d. 他の発達障害の合併

4.事例
  事例1
  事例2
  事例3

参考文献
  謝辞

著者プロフィール

福西勇夫(ふくにしいさお)

医療法人社団真貴志会南青山アンティーク通りクリニック理事長・院長
1984年徳島大医学部卒後、東京都医学研究機構・東京都精神医学研究所・リエゾン精神医学心身医学研究部門長を経て、2003年に南青山アンティーク通りクリニックを開院。
2000年から現在までに、米国ボストン市のマサチューセッツ総合病院から客員教授として9回招聘されている。2007年には南イリノイ大学の客員教授として招聘されている。その一方、国内では医学部、薬学部、文学部などの非常勤講師として「精神医学」「精神病理学」「医療心理学」などの教鞭を取ってきた。

適用範囲
18歳~

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
検査用紙(20部)

5,400円 数量
検査法・手引書
検査手引書

40頁 A4判

2,160円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)