心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

老年期うつの検査-15-日本版(GDS-15-J)Geriatric Depression Scale

  • 老年期うつの検査-15-日本版(GDS-15-J)
老年期のうつのスクリーニングに最適
老年期うつの検査日本版は、Geriatric Depression Scale-15(GDS-15)の日本版です。GDS-15は、うつのスクリーニング検査として世界でもっともよく使用されている検査です。妥当性・信頼性とも非常に高く、国際研究や治験での使用に耐えうる決定版です。
著者:杉下守弘,朝田隆,杉下和行
画像提供:新興医学出版社

7つの特長

  • 認知症や軽度認知障害に対応し、認知症患者のうつを検出できる
  • 認知症だけでなく身体疾患があっても使用可能
  • 短い文で構成された15の検査項目
  • YesあるいはNoで答える簡便な検査
  • 正確な日本語訳
  • 日本分家への適応
  • 高い信頼性、妥当性(日本版として新たに標準化)

目次

はじめに

1:老年期うつ検査-15-日本版(GDS-15-J)作成の経緯(杉下守弘,朝田 隆)
  1,原版GDS-15の特徴
  2,原版GDS-15の認知症への適用
  3,従来の日本版GDS-15
  4,従来の日本版GDS-15の問題点

2:老年期うつ検査-15-日本版(GDS-15-J)の作成(杉下守弘,朝田 隆)
  1, GDS-15-Jの翻訳
  2, GDS-15-Jの文化的適応
  3, 被験者が検査項目を理解しやすくするための改良

3: 老年期うつ検査-15-日本版(GDS-15-J)の妥当性と信頼性(杉下和行,杉下守弘,朝田 隆)
  1, 妥当性および信頼性の研究における被験者
  2, 被験者のGDS-15-J得点
  3, 妥当性
  4, 信頼性
  5, 項目分析
  6, GDS-15-Jの短縮化

4: 老年期うつ検査-15-日本版(GDS-15-J)の実施(杉下守弘)
  1, GDS-15-Jの実施方法
  2, 採点
  3, カットオフ値

5: 老年期うつ病(杉下和行)
  1,老年期うつ病の特徴
  2,うつ病の疫学
  3,DSMの診断基準の変遷
  4,一般成人のうつ病の疫学
  5,老年期うつ病の疫学
  6,検査
  7,スクリーニングツール
  8,診断基準

6: 認知症(朝田 隆)
  1,概念
  2,疫学
  3,検査と診断
  4,アルツハイマー病(AD)
  5,レビー小体型認知症(DLB)
  6,前頭側頭葉変性症(FTLD)
  7,血管性認知症(VaD)
  8,軽度認知障害(MCI)
  9,治療

7: うつ病と認知症の鑑別(朝田 隆)
  1,認知症とうつ病:鶏か卵か
  2,軽度認知障害(MCI)とうつ
  3,仮性認知症の概念
  4,うつ症状を呈しやすい認知症性疾患
  5,うつ病と認知症(AD, DLB)の接点
  6,うつ病と認知症の鑑別
  7,まとめ

網掛入検査用紙 巻末

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
老年期うつの検査-15-日本版(GDS-15-J) スタートキット

※セット内容:マニュアル42ページ、検査用紙10部

3,132円 数量
用紙
老年期うつの検査-15-日本版(GDS-15-J) 用紙セット

※検査用紙60部

3,132円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)