心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

SRS-2対人応答性尺度(エスアールエス・ツー)Social Responsiveness Scale Second Edition

  • SRS-2対人応答性尺度
日常生活での行動観察から、自閉スペクトラム症(ASD)と関連する症状を測定する検査です。容易に実施でき、学校、クリニック、病院等さまざまな場面で、スクリーニングや重症度の評価のために活用できます。

原著者:John N. Constantino、Christian P. Gruber
原版出版社:WPS
日本版作成:神尾陽子
適用範囲:2歳半~18歳
実施時間:15 ~ 20分
使用者レベル:B
※使用者レベルにつきましては発行元の日本文化科学社WEBサイトをご確認ください
画像提供:日本文化科学社

特徴

  • 65項目からなる4件法による質問紙で、保護者や教師など、対象者の日常をよく知る人が回答し、検査者が採点します。
  • 合計粗点と総合T得点により、ASDと関連した社会的障害の重症度を量的に把握することができます。
  • ASDの中でその重症度を捉えることにも、ASDと他の障害との間を識別することにも優れています。
  • 集団を対象とする一次スクリーニングに加え、相談や受診の場面での二次スクリーニングとしても有用です。
  • 研究または症状の改善に特化した臨床研究において利用できる5つの治療下位尺度(社会的気づき、社会的認知、社会的コミュニケーション、社会的動機づけ、興味の限局と反復行動)が算出できます。
  • DSM-5互換尺度として、社会的コミュニケーションと対人的相互交流(SCI:Social Communication and Interaction)と興味の限局と反復行動(RRB: Restricted Interests and Repetitive Behavior)の2つの下位尺度も提供しています。
  • 検査用紙には、実施用の質問用紙、採点に必要なワークシート、結果を検討するためのプロフィールシートが備わっています。
  • 成人版(他者評定用、自己評定用)の内容とこれまでの研究成果がマニュアルに掲載されています。研究での利用については こちらのフォーム からお問合せください。(発行元:日本文化科学社HPフォーム)

dn-cas

SRS-2対人応答性尺度 マニュアル まえがきより抜粋

本書は,2005年に米国で出版された対人応答性尺度(Social Responsiveness Scale; SRS)初版の改訂版として2013年に出版された対人応答性尺度第二版(Social Responsiveness Scale, Second Edition; SRS-2)のマニュアルの日本語訳に相当するPart Ⅰ, Part Ⅱと,日本版SRSについてのPart Ⅲの3部から成っています。Part IIには,2005年当時未出版だった日本版SRS児童版のエビデンスが紹介されていますが,この数年間で新たに発表されたSRS幼児版,成人版についてのエビデンスも含めて日本版に関する研究成果を一括して紹介する目的で,Part Ⅲが加筆されました。

 日本語訳の作成に着手したのが2007年なので,本検査の出版までに10年を要したことになります。この間,SRS尺度は研究目的に限って出版社からの許諾を得てはじめて使用できるという状況でしたので,臨床現場や教育現場での使用を検討されていた方々には大変お待たせしてしまいました。このたび,幼児版,児童版,そして成人版のすべての日本版SRS(SRS-2)について,最新のエビデンスとともに発表のはこびとなったことに,ほっとしているというのが正直な気持ちです。と同時に,今のタイミングで出版できることは幸運だったとも思います。そのくらいこの10年間での自閉スペクトラム症(ASD)を主とする発達障害の研究は進歩し,当然のことですが,アセスメントに対する考え方やアプローチも変化してきたからです。つまり,ASDやその他の発達障害は,一般の集団においても重度の人から軽度の人まで症状程度は幅広く連続的に分布すること,そして診断あり/なしを分かつ境界,すなわち今日の診断の閾値,は恣意的に設定されているにすぎないことが示されました(Kamio et al.,2013; Tanguay& Lohr, 2016)。そうしたなかで,症状の重症度,すなわち支援ニーズをアセスメントするには,診断の有無だけでは十分ではなく,SRS-2のような量的尺度の意義がますます注目されるようになってきました。 

神尾 陽子
適用範囲
2歳半 ~ 18歳 *成人版(19歳~)は標準化中です。

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
SRS-2 対人応答性尺度 幼児版検査用紙セット(20名分)

適応年齢 2歳~4歳半

10,800円 数量
SRS-2 対人応答性尺度 児童版検査用紙セット(20名分)

適応年齢 4歳~18歳 ※2018年1月販売開始予定

10,800円 数量
検査法・手引書
SRS-2 対人応答性尺度 マニュアル

10,800円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)