心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

SASS-J 自記式社会適応度評価尺度 Social Adaptation Self-evaluation Scale 

社会適応能力を評価する うつ病患者の社会復帰に特化した評価尺度

原版著者:Marc Bosc Adriana Dubini Valérie Polin
日本版作成:中村純,樋口輝彦
実施時間:10分
整理時間:5分以内
質問項目:20項目
発行:三京房

概要

  • うつ病の寛解と社会復帰の判断との間に、相当の乖離があるため、抑うつ状態と社会適応能力の両面を考慮した評価が求められてきました。
  • 1997年にBoscらはうつ病患者の社会復帰に特化した評価尺度として、SASS(Social Adaptation Self-evaluation Scale)を開発しました。
  • SASS-JはSASS(Social Adaptation Self-evaluation Scale)の日本語版です。うつ病患者の社会機能の回復程度を見るための尺度です。
  • 21項目(実質的には20項目)で構成されており、得点が高いほど社会機能が良好であることを意味します。
  • 信頼性・妥当性について確認されています。
  • SASS-Jを用いた研究結果で、社会適応度はうつ症状の改善から少し遅れて改善することが示唆されています。
  • 治療効果の判定には社会適応能力の評価も重要です。SASS-Jは臨床場面において、特に産業医学の観点から必要なツールです。

特長

  • 回答用紙には配点に関する情報が無いので、被検者は結果を気にせずありのままを回答することが期待できます。
  • 回答用紙に記入された回答は、記録用紙に転記されます。実施者は接着をはがして、記録用紙上で採点を行います。
  • 記録用紙には項目内容と配点がわかりやすく示してあります。得点が逆転する項目の採点も確実に行えます。
  • 日本語版構成者の中村純先生,樋口輝彦先生に使用手引をご執筆いただきました。SASS-Jの使用法および臨床応用の成果をまとめていただきました。

中村先生・樋口先生の手引より抜粋

多様なうつ病の評価にはこれまでもいくつかの評価尺度が用いられてきたが、うつ病の評価は、単にうつ状態が寛解したことを評価するだけでなく、社会生活をする上ではSASS-Jのように社会機能の評価、社会適応能力の程度を評価することが、実臨床、特に産業医学の観点から必要になってきた。さらにうつ状態の経時的な経過をみる際にも、SASS-Jは、一つのツールとして有用と思われる。

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
NEWSASS-J 自己式社会適応度評価尺度 検査用紙30部

使用手引付

5,400円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)