心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

TMT-J(Trail Making Test 日本版)

注意機能と処理速度を評価できる国際的検査法
 - わが国初の標準化!
20~89歳までの健常者を対象とした標準化を行いました。
外傷性脳損傷による高次脳機能障害、軽度認知障害と比較的軽度の認知症、前頭前野損傷に代表される比較的純粋な遂行機能障害の者等の評価法として、幅広く活用いただけます。
編集  :一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
著者  :一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
          Brain Function Test 委員会

発行日 :2019年1月7日
所要時間::約15分
画像提供:新興医学出版社

概要

  • TMTは、幅広い注意、ワーキングメモリ、空間的探索、処理速度、保続、衝動性などを総合的に測定でき、近年では自動車運転の適性に関する神経心理評価法の一つとしての位置づけも高まっています。
  • TMT-Jでは、これまでのTMTの問題点を改善し、20~89歳までの健常者を対象とした標準化を行いました。
  • 外傷性脳損傷による高次脳機能障害、軽度認知障害と比較的軽度の認知症、前頭前野損傷に代表される比較的純粋な遂行機能障害の者等の評価法として、幅広く活用いただけます。

主な特徴

  • 健常者データに基づく年代別の所要時間判定表を収載。
  • 所要時間と誤反応数に応じ記録用紙上で総合判定が可能。
  • 再検査の練習効果を減らすために2セットの検査用紙を用意。
  • 従来の検査用紙における標的の分布やトレイル長の問題点を改善。

構成

Part A

  • 数字を順番に結ぶ

Part B

  • 数字と五十音を交互に結ぶ 

マニュアル主要目次

I.Trail Making Test 日本版(TMT- J)の実施
 1 適応条件
 2 検査・記録用紙
 3 実施要領
 4 中止基準
 5 記録用紙への記入

 

Ⅱ.結果の判定方法 
 1 記録用紙上での総合判定 
 2 総合判定の意義 
 

Ⅲ.TMT- J の開発にあたって 
 1   Trail Making Test(TMT)概説 
 2 これまでのTMTの問題点
 3 TMT- J 検査用紙作製のポイント 
 4 標準化にあたってのデータ収集 
   

Ⅳ.TMT- Jの健常者所要時間に関する分析 
 1    対象者 
 2 練習効果 
 3 セット1と2の平行性 
 4 年代毎のTMT- J 所要時間 
 5 Part AとBの対比ならびに年齢の効果
 6 従来のTMT(A4判縦)との比較 
  

文献
 TMT- J 作製関係者
 TMT- J 年代別 所要時間判定表/検査用紙一覧

商品詳細

マニュアル1部、検査用紙・記録用紙(計40回分)のセットです。
マニュアルのみ、用紙のみの販売はいたしておりません。
セット内容は以下の通りです。

 

  • マニュアル:A4版、16頁・・・・・・・・・・・・・・・・  1部
  • 検査用紙

   【セット1】Part A・Part B 本試験用・・・・・・・・・ 各20部
   【セット2】Part A・Part B 本試験用・・・・・・・・・ 各20部
   【セット1・セット2共通】Part A・Part B 練習用・・・ 各40部

  • 記録用紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40部

 

適用範囲
20~89歳

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
TMT-J(Trail Making Test 日本版)

マニュアル1部、検査用紙・記録用紙(計40回分)

5,500円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)