当センターには公認心理師、臨床心理士、言語聴覚士が在籍しております。
専門スタッフがお客様のニーズに幅広く対応いたします。

心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

心理検査オンライン

オンラインで心理検査を実施・採点できるシステムが登場!!
 
  • ●対象検査  :新版TEG-3

発 行 :金子書房
リリース:2020年10月下旬

※2020年10月27日 リリース

心理検査オンラインとは?

心理検査をオンラインで実施・採点・レポーティングができるプラットフォームです。



心理検査オンライン サマリー


※心理検査オンラインついて、サマリーを作成しました。画像をクリニックすると、PDFが開きます。
※サービスの詳細は、下記の【サービス概要】動画をご参照ください。

リリース資料・サービス概要


   【リリース資料】       【サービス概要】 

※画像をクリニックすると動画サイトで資料を閲覧できます。
※画面は早めに切り替わります。一時停止ボタンをご利用ください。
※「サービス概要」のPDFは こちら へ。

心理検査オンライン 導入のメリット

いつでも実施可能

  • 検査者が回答者に回答用ID・パスワードを発行して検査を実施します。
  • 日本国内で、いつでもどこでも実施・回答でき、得点は自動で算出されます。

結果レポートの作成が簡単

  • 検査者用・回答者用の結果レポートを作成できます。
  • 作成したレポートは、PDFファイルでダウンロードできます。

実施データの一括ダウンロードが可能

  • 実施データ(実施日やローデータ等)の一覧をExcelファイルでダウンロードできます。
  • 統計分析アドにも便利です。

セキュリティも安心

  • SMSによる二段階認証やグローバルIPアドレス制限など、安心してご使用いただくためのセキュリティ機能を実装しています。

※金子書房WEBサイトより

心理検査オンライン 推奨環境

    • 当サービスを快適にご利用いただくために、以下の環境でのご利用を推奨いたします。また、JavaScript、Cookieが使用できる状態でご利用ください。
    • 【管理】は検査者が使用するサイトです。【回答】は回答者が使用するサイトです。

PC推奨ブラウザ 【管理】および【回答】

  • Windows  :Google Chrome(最新版)、 Microsoft Edge(最新版)、Internet Explorer 11(最新版)
  • Mac (Macintosh):Safari(最新版)

スマートフォン推奨ブラウザ 【回答】

  • Android :Google Chrome (最新版)
  • iPhone  :Safari (最新版)
※フィーチャーフォンには対応しておりません。あしからずご了承ください。

心理検査オンライン 対応検査


第1弾 新版TEG-3 

東大式エゴグラム Tokyo University Egogram-New Ver. 3

※2020年10月時点。検査は順次追加予定です。

心理検査オンライン 価格


登録料
 11,000円 

新版TEG-3 1名分 330円【結果レポート付】
※ご注文は 5名~ になります。

心理検査オンライン お申込みの流れについて

お申込みからご登録まで

①お申込み まずは、お問合せフォーム(こちら)の「お問い合わせ内容」欄に、
【心理検査オンライン お申込み】とご入力の上、送信してください。



※他検査と同様、医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。ご所属先のご住所・お電話番号をご入力ください。
②パスワード発行 弊社にてお申込み内容の確認をしました後、メールアドレスに「初回パスワード」とURLをお送りします。
③ログイン ②でお送りしたURLに、初回パスワードでログインしてください。
初期設定が完了しましたら、検査購入が可能になります。
※他検査と同様、弊社の営業時間(平日9:00~12:00/13:00~17:00)内での対応となります。
下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)