心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

重度失語症検査

 重度失語症検査は、重度失語患者のコミュニケーションの残存能力を言語・非言語の両領域にわたって調べ、治療アプローチのための手がかりを得ることを目的とした検査です。
 下位検査をその質的面から、簡単なやりとりからなる導入部と、独立した検査として標準化されているPart I、II、IIIの3部とに分け、患者に必要なPartだけを実施できるように配慮するとともに、下位検査に含まれる課題項目も5つ前後に抑え実施時間を短縮するなど、被検者への負担を軽減する工夫がなされています。

編集:竹内愛子
協同医書出版社

内容のご案内

従来の標準的な失語症検査では、非常に重度な失語症患者はこれらの検査にほとんど反応できず、残存能力を適切に評価し、治療アプローチの手掛かりを得ることのできる検査法が求められていた。
本検査法はこうした要求に応えるべく生まれ、コミュニケーション成立の根底で必要な他者への非言語的な働きかけのレベルから非言語的象徴機能、言語機能の検査までをカバーし、従来の失語症検査の概念を超えるものとなっている。
検査は導入部、非言語基礎課題、非言語記号課題、言語課題の4つの部分からなり、個々のコミュニケーション・モダリティについて残存能力を的確に数値化することが可能である。

セット内容:実施マニュアル、見本用記録用紙、行動観察表、家族への質問紙、検査用絵(102枚)、文字カード(48枚)

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用紙
20部

6,480円 数量
検査法・手引書
検査セット

※マニュアル(記録用紙見本付)、検査用文字カード(48枚)+絵カード(102枚)付属

5,616円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)