心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

AMSD 標準ディサースリア検査

 発音・発語の臨床では必携の検査。(旧)旭式発話メカニズム検査(1994年)を改訂し、総合的検査法として標準化を遂行した検査です。発話に必要な呼吸機能、発声(咽頭)機能、鼻咽腔機能、口腔構音器官の運動障害を把握できます。

画像提供:インテルナ出版

キット内容のご紹介

検査に必要な用具すべてをトランクにそろえました。
ノーズクリップ:1/鼻息鏡:1/ハンマー(打腱器):1/ストップ・ウォッチ:1/ペンライト:1/ペットボトル(目盛りつき):1/計算機:1/定規:1/羽毛:2/舌圧子:10/舌ガーゼ:10/ストロー:10/ポッピングキャップ:3/デンタルフロス:1/ディスポーザブル・グローブ Sサイズ Mサイズ:各10/バイト・ブロック:ハンドル:1/ブロックS(標準)サイズ:1/ブロックLサイズ:1/ブロックLLサイズ:1/クッションラバー:5枚/トランク:1/
※バイト・ブロック、クッションラバーをのぞいてバラ売りはしておりません。
※標準ディサースリア検査(マニュアル、用紙)および標準ディサースリア検査CD-ROMは別売りとなります。
※開口測定器、ノギスは、キットに付属の定規で代用可能です。

標準ディサースリア検査 CD-ROM Ver.2.0 絶版

0269-01601.jpg 多彩な機能と豊富な評価用基準スピーチ・サンプルを備え、標準ディサースリア検査の施行、解釈、データの管理などがより迅速で効果的に遂行されることを目的として開発されました。

◆発話データを直接デジタル録音
◆豊富な評価用基準スピーチ・サンプル
◆結果を自動的にグラフ表示
◆発話速度も、自動計算システムにより算出が可能
◆豊富な参照データ
同年齢群の健常発話者のデータや、同じタイプで同じ性別のディサースリア例の平均データを同時に参照プロフィールとして図示させて比較することができます。
◆文書の自動作成機能
結果のまとめ、報告書、依頼書といった文書が国際生活機能分類(ICF)に準じた形式で作成されます。
◆検査資料
発話の検査資料として、短文、長文、情景画をモニター画面上で提示することができます。
◆システム:日本語Windows 7/Vista/XP/2000 推奨

評価用基準スピーチサンプル集(Audio CD)

0262-01501.jpg◆標準ディサースリア検査に含まれる発話特徴を聴覚的に適切に評価するための基準スピーチ・サンプル集!
◆各評価項目について軽度・中等度・重度ごとに自由会話と長文音読のスピーチ・サンプルを収録しました。
◆さらに健常発話者についても、年齢・性別ごとに収録しました。
◆各スピーチ・サンプルはトラックごとにわかれており、希望のサンプルをすぐに選択して、聴取することができます。
※本CDは、データベースソフト「標準ディサースリア検査 CD-ROM -Ver.1.5-」に収録されているスピーチ・サンプルをAudio CDにしたものです。CD化に伴い、ディサースリア3例を追加しました。

ディサースリアの基礎と臨床

◆国際的に最前線のレベルの知識と技術を包括的に体系化したディサースリアの全3巻にわたる臨床上のバイブル!
◆本シリーズは、ディサースリアのある人が国内のどこの施設でも質の高いリハビリテーションを受けることができることを目的として、現任の言語聴覚士はもちろん、言語聴覚士をめざす学生、関連スタッフも対象としています。
(AMSD)

下記商品は絶版いたしました

標準ディサースリア検査 CD-ROM Ver.2.0は、絶版となりました。
  • 絶 版標準ディサースリア検査 CD-ROM Ver.2.0
適用範囲
19才~

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
キット

30,240円 数量
用紙
記録用紙(20部)

3,888円 数量
検査法・手引書
検査法手引

※記録用紙5部と検査資料3枚が付属

6,156円 数量
関連書籍
ディサースリアの基礎と臨床 第1巻(理論編)

6,048円 数量
ディサースリアの基礎と臨床 第2巻(臨床基礎編)

4,320円 数量
ディサースリアの基礎と臨床 第3巻(臨床実用編)

4,752円 数量
ソフトウェア
評価用基準スピーチサンプル集(Audio CD)

2,376円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)