心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

MMPI ミネソタ多面的人格目録性格検査

  • MMPI ミネソタ多面的人格目録性格検査
  • MMPI ミネソタ多面的人格目録性格検査
  • MMPI ミネソタ多面的人格目録性格検査
 1943年に米国ミネソタ大学病院の心理学者ハサウェイと精神科医マッキンリーらによって開発された人格目録検査で、550の質問項目で構成されています。基礎尺度(妥当性尺度・臨床尺度)と追加尺度があり、その最大の特徴の1つが妥当性尺度です。それにより、被験者の意図的回答から生じる受験態度の歪を検出します。「臨床尺度:心気症、抑うつ、ヒステリー、精神病質的偏倚、男子性、女子性、など10尺度」「追加尺度:不安、抑圧、顕在性不安、自我強度、腰痛、頭頂葉・前頭葉損傷、依存性、社会的責任、など16尺度」

130の外国語に翻訳され、90カ国以上で使用されている国際的質問紙法テスト
  • 適用年齢:15歳~成人
  • 実施時間:正式60分、略式40分
  • 質問紙法人格検査で、妥当性尺度と臨床尺度から構成されている。
  • 検査の妥当性を測る、?、L、F、Kの4つの妥当性尺度が設定されている。
  • 臨床尺度は以下の10尺度。

軽躁性尺度思考や行動が過剰になりやすい傾向社会的内向性尺度社会的接触を好まない傾向

心気症尺度 自分の健康状態について過度に気にして悩む傾向
抑うつ尺度 気分的抑うつ、施行や行動面での抑止傾向
ヒステリー尺度 とくに身体への転換症状を起こしやすい傾向
精神病質的偏奇尺度 精神病質人格のうち、反社会行為を起こしやすい傾向
男子性・女子性尺度 興味の型の男女傾向
パラノイア尺度 疑心など妄想をもちやすい傾向
精神衰弱尺度 強迫神経症の傾向
統合失調症尺度 奇妙な行動、幻覚妄想、異常な思考の傾向
  • 項目文章の見直しや全国規模のサンプリングなど、わが国の実情にあった標準化が行われている。
  • 検査者は特に専門知識と技能が必要とされる。

実施時間:正式60分 略式40分
画像提供:三京房

MMPI新日本版の形式と実施法・採点法

形式:<カード式>
必要な用具 カード式セット、II型用紙、II型採点盤
質問の提示方法 カード
回答方法 カードを分類
回答の転記 要 (II型用紙使用)
採点方法 手採点 (採点盤使用
尺度の範囲 基礎尺度、追加尺度

形式:<冊子式、タイプA質問票>
必要な用具 タイプA質問票、II型用紙、II型採点盤
質問の提示方法 タイプA質問票
回答方法 ◯X記入
回答の転記 要 (II型用紙使用)
採点方法 手採点 (採点盤使用)
尺度の範囲 基礎尺度、追加尺度

形式:<冊子式、タイプB質問票、I型用紙>
必要な用具 タイプB質問票、I型用紙
質問の提示方法 タイプB質問票
回答方法 ◯記入
回答の転記 不要
採点方法 手採点
尺度の範囲 基礎尺度のみ

形式:<冊子式、タイプB質問票、II型用紙>
必要な用具 タイプB質問票、II型用紙、II型採点盤
質問の提示方法 タイプB質問票
回答方法 ◯記入
回答の転記 不要
採点方法 手採点 (採点盤使用)
尺度の範囲 基礎尺度、追加尺度

 

MMPIマニュアル(1993年版)

再標準化の手続き、各尺度の平均と標準偏差、解釈の原則、基本図書の紹介とその解説が記載されている。

<各章のご案内>
第1章 MMPIの概要
第2章 標準化
第3章 実施法
第4章 採点法
第5章 プロフィール
第6章 基礎尺度と追加尺度
第7章 解釈の原則
第8章 基本図書の紹介



MMPI 臨床解釈の実際

ミネソタ大学心理学部のMMPI実習用の教科書として採用されている。臨床尺度について、今までは平均より高い尺度についてのみ解釈され勝ちであったが、この書では低い尺度についても積極的に解釈している。12の研究尺度についても同様である。総合的な解釈は一般的なすすめ方と具体的な問題とからケース例について具体的に述べている。実習用として事例2例、プロフィール例6例が用意されている。

<各章のご案内>
第1章 序章
第2章 実施と採点
第3章 妥当性尺度
第4章 臨床尺度
第5章 2点コード型
第6章 利用度の高い研究尺度
第7章 その他のMMPI尺度
第8章 解釈の一般的方略
第9章 電算機のよる解釈サービス



MMPIによる心理査定

本書は、Friedman, A. F. , Webb, J. T., & Lewak, R. "Psychological assessment with the MMPI." (1989) の全訳である。MMPIの領域では最も新しい概説書であって、経験のある臨床家にとっても有用な実践の書でもある。

<各章のご案内>
第1章 MMPIの発展
第2章 実施、採点、および整理法
第3章 MMPI成立後の主要な展開
第4章 解釈のアプローチ
第5章 基礎的な妥当性尺度の解釈
第6章 MMPI臨床尺度の解釈
第7章 解釈と報告書の作成
第8章 MMPIのコンピュータ解釈
第9章 MMPI再標準化計画



MMPI 新日本版の標準化研究

本書は、MMPI新日本の標準化研究の概要を報告すると共に標準化研究後に行われた研究の成果も一部含めている。執筆者はいずれも標準化作業に携わったメンバーである。

<各章のご案内>
第1章 MMPI新日本版の構想と標準化
第2章 基礎尺度の分析
第3章 下位尺度と特殊尺度
第4章 妥当性尺度の布置
第5章 2数字高点コード
第6章 項目是認率
第7章 危機項目
第8章 尺度得点に及ぼす年齢要因
第9章 尺所得点に及ぼす人口学的諸要因
第10章 尺度レベルの因子構造
第11章 基礎尺度の暫定的な青年期基準
第12章 大学生年代のプロフィール特徴
第13章 コンピュータ化実施の諸問題
第14章 項目の社会的望ましさの測定



MMPI 追加尺度の臨床的応用 第2版

<各章のご案内>
第1章 序
第2章 妥当性尺度
第3章 有用な特殊尺度
第4章 精神病理の査定
第5章 適応とパーソナリティの査定
第6章 MMPI特殊尺度とロールシャッハ
第7章 MMPI-2でのオリジナルMMPI追加尺度の役割
第8章 MMPI-2の内容尺度

(MMPI)

適用範囲
15才~成人
医科診療・点数
D-284-(2) 280点

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
カード式セット

37,800円 数量
サンプルセット

(マニュアル1冊、タイプB質問票10部、I型記録用紙20部)

16,740円 数量
用紙
新版冊子式I型用紙(20部) 

8,640円 数量
冊子式II型回答記録用紙(100部)

16,200円 数量
検査法・手引書
MMPIマニュアル(1993年版)

B5判、88頁 MMPI新日本版研究会編

1,620円 数量
関連書籍
MMPI 臨床解釈の実際

B5判、282頁

7,560円 数量
MMPIによる心理査定

B5判、446頁

10,800円 数量
MMPI 新日本版の標準化研究

B5判、284頁 MMPI新日本版研究会編

8,640円 数量
カウンセラーのためのMMPIコードブック

A5判、138頁

3,240円 数量
MMPI 追加尺度の臨床的応用 第2版

B5判、205頁

6,480円 数量
その他
II型採点盤(基礎尺度)

14枚、採点台付

21,600円 数量
II型採点盤(追加尺度)

16枚、採点台付

32,400円 数量
タイプA質問票(10部)

7,560円 数量
タイプB質問表(10部)

6,480円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)