心理検査 心理検査

検査メニュー一覧

日本版 KABC-II(ケーエービーシーツー) Kaufman Assessment Battery for Children Second Edition


認知処理能力だけでなく基礎的学力を個別式で測定できる検査
 子どもの認知能力と学力の基礎となる習得度が測定できることにより、両者の差異の様相と関連要因の分析が可能です。支援・指導といった教育的な働きかけに直結する検査です。

原版著者:Alan S.Kaufman & Nadeen L.Kaufman
日本版制作:日本版KABC-Ⅱ制作委員会
画像提供:丸善出版
カタログ:KABC-2カタログPDF

特長

  • 子どもの知的活動を認知処理過程と習得度から測定し、検査結果を教育的働きかけに結び付けて活用。
  • 幼児や障害のある子どもでも知的活動を公平に測定。特に、発達障害児のアセスメントに有効。
  • イーゼル(問題掲示板)の使用により、マニュアルが手元になくても適切に検査を実施できます。
  • 非言語性尺度が用意されており、難聴児や言語障害がある場合でも、妥当なアセスメントが可能。
  • 検査用具がカラフルで工夫されており、子どもの興味が持続するように構成。

旧「K-ABC」との大きな違いは…

  • 教育的または心理的な問題を抱える子どもにかかわりの深い、継次処理能力、同時処理能力、計画能力、学習能力、流動性推理や結晶性能力など幅広い能力を測定できる。
  • ルリア理論およびキャッテル‐ホーン‐キャロル理論という二つの最新の理論モデルに基づいて作成されており、検査結果を、異なった相補う観点から解釈することができる。
  • 認知尺度および習得尺度の充実・発展により、認知機能と習得度の関連性がより詳細に評価でき、発達障害児など障害児の指導に活用できる。
  • K-ABCは12歳が上限であったが、KABC-IIでは上限が18歳まで延長されている。
  • 行動観察チェックリストが各下位検査に導入され、解釈にかかわる特徴的な受検態度についての観察結果を検査者が記録できる。
  • 強い能力や弱い能力を特定するにあたって、個々の下位検査レベルでの比較にとどまらず、より信頼性が高く強固な下位検査群レベルでの比較を重視している。
  • 認知検査、習得検査の双方を行って総合的評価を行うほか、いずれかの検査のみと他の心理検査とのクロスバッテリーを行うことも可能である。

構成

【認知尺度】
11の下位検査
継次尺度・・・・・・3下位検査
同時尺度・・・・・・4下位検査
学習尺度・・・・・・2下位検査
計画尺度・・・・・・2下位検査
【習得尺度】
9の下位検査
語彙尺度・・・・・・3下位検査
読み尺度・・・・・・2下位検査
書き尺度・・・・・・2下位検査
算数尺度・・・・・・2下位検査
(年齢によって実施する検査の数は異なります)

  • エッセンシャルズ KABC-IIによる心理アセスメントの要点

    ・藤田和弘、石隈利紀ほか編
    ・知的能力を総合的に評価し、教育・指導に直結させる心理検査、日本版KABC-IIの解説書。具体的事例をもとに解説。
  • 日本版KABC-II 専用バッグ

    0062-14501.jpg ・検査用具の出し入れ、持ち運びがしやすいように工夫されています。
    ・大きさ:横500mm×奥行き180mm×高さ300mm。
    ・価格19,800円。

下記商品は、販売終了いたしました

フライトケース No.20035は、販売中止となりました。
  • 絶 版フライトケース No.20035

記録用紙・習得尺度シート

 

≫記録用紙 20部
検査結果を記述するためのものです。スコアだけでなく検査時の子どもの様子を記載できるようになっています。





  習得尺度シート 20部
基礎学力を測る検査の一部(「計算」「ことばの書き」「文の構成」)を実施するためのものです。子ども自身に記入させて実施します。

解析アシスト その特徴

≫ 検査結果の換算・分析に便利なソフト・ウエア   ※サンプル画面はこちら 

ミス防止・時間短縮

受検者の基本情報と粗点入力のみで手間のかかる換算作業が簡単に行えます。

表示・印刷

プロフィール図を含めて、換算結果を記録用紙と同じ体裁で表示し、カラー・モノクロいずれでも印刷可能です。

個人保護情報

パスワードの設定が可能ですので、登録データの保持・管理が安全に行えます。

動作環境

Microsoft Windows Vista(32bit版),Windows 7(32bit版),Windows 8.1(32bit版)の各日本語版

・CD-ROMあるいはDVD-ROMを読み込めるディスクドライブ
・1GHz以上のCPUを搭載したPC(タブレットPCを除く)
・メモリ:2GB以上
・ハードディスク:1.5GB以上の空き容量
・ディスプレイ:1024×768ピクセル以上

※2019年6月 Windows 10での動作確認がとれました。詳しくはこちら

2016年8月発売!!  実施ガイド DVD(67分)

≫ 日本版KABC-Ⅱの概要や検査実施の注意点などを映像でまとめ、実際に検査を行っている様子を収録した、日本版KABC-Ⅱ実施のためのガイドビデオです。





日本版KABC-Ⅱの概要

K-ABCからKABC-Ⅱへ

日本版KABC-Ⅱが依拠する2つのモデル

日本版KABC-Ⅱの尺度構成

検査の実施にあたって

一般的留意点

検査実施のルール

検査の記録と採点

検査実施の様子

【認知検査】
語の学習,顔さがし,物語の完成,数唱,絵の統合,語の学習遅延,近道さがし,模様の構成,語の配列,パターン推理,手の動作

【習得検査】
表現語彙,数的数論,なぞなぞ,計算,ことばの読み,ことばの書き,文の理解,文の構成,理解語彙

検査結果の処理

粗点を求める

評価点を求める

標準得点を求め、信頼区間を記入する

その他の記入

ダイジェストムービーのご案内

※サンプル映像をご覧になりたい方のためにダイジェスト版をご用意しております。ご希望の方は弊社までお問い合わせください。
日本版KABC-Ⅱ 実施ガイド日本版KABC-Ⅱ 実施ガイド

2019年9月発売‼ 認知検査セット

 
≫日本版KABC-Ⅱ 認知検査セット


セット内容

イーゼル1・2

配列冊子

庭の図版

絵のカード

犬の人形

プラスチックピース・三角ピース

※認知検査を実施・採点・換算・解釈するためには、「認知検査セット」「記録用紙(20部)」「マニュアル」「換算表」が必要です。

2019年9月発売‼ 習得検査セット

 
≫日本版KABC-Ⅱ 習得検査セット


セット内容

イーゼル3・4

習得尺度シート(20部)

※習得検査を実施・採点・換算・解釈するためには、「習得検査セット」「記録用紙(20部)」「マニュアル」「換算表」が必要です。

適用範囲
2歳6ケ月~18歳11ケ月
医科診療・点数
D-285- (3) 450点

カートには1つずつしか商品を入れる事はできません。
複数の商品をお求めになる場合は、1つ目の商品をカートに入れた後、移動先のページで表示される「買い物を続ける」ボタンでお戻りになり、次の商品の数量を選択の上、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。

価格 数量
用具
基本セット

※検査用具一式、マニュアル・換算表、記録用紙20部、習得尺度シート20部

187,000円 数量
専用バッグ付き基本セット

※検査用具一式、マニュアル・換算表、記録用紙20部、習得尺度シート20部、専用バッグ

203,500円 数量
NEW認知検査セット

※検査の実施・解釈には「記録用紙」「マニュアル・換算表」が必要です

93,500円 数量
NEW習得検査セット

※検査の実施・解釈には「記録用紙」「マニュアル・換算表」が必要です

77,000円 数量
用紙
記録用紙(20部)

8,800円 数量
習得尺度シート(20部)

6,600円 数量
検査法・手引書
マニュアル・換算表(2冊セット)

16,500円 数量
NEWマニュアル

8,800円 数量
NEW換算表

7,700円 数量
関連書籍
エッセンシャルズ KABC-IIによる心理アセスメントの要点

※A5判 352頁

4,180円 数量
ソフトウェア
日本版KABC-Ⅱ 解析アシスト

※動作環境:Windows Vista(32bit版), Windows 7(32bit版), Windows 8.1 対応(各32bit版)
※Windows 10(2019年6月追加)

38,500円 数量
日本版KABC-Ⅱ 実施ガイド

※2016年8月発売 DVD 67分

30,800円 数量
その他
日本版KABC-II 専用バッグ

19,800円 数量
カートを見る
「請求書」後払いOK

「請求書」後払いOK

下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
掲載いたしました心理検査の使用は、心理学の知識と専門的訓練・経験を持った方に限られます。また、心理検査類の販売は医療・教育・福祉等の専門機関以外には販売しておりません。企業等その他の機関でご使用の場合は、心理学者・心理学科修了者・医師・教員・臨床心理の先生方のご指導の下でご使用ください。
当センターでは、心理検査の持つ性格上「検査問題の漏洩の防止」、「プライバシーの保護」のため、使用される機関へ直接配送しております。一般家庭への配送は行っておりません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 (教育・心理検査倫理要綱についてはこちら)